合格」タグアーカイブ

宅建に独学で合格するためのスケジュールの立て方

宅建に独学で合格するためには、講座を利用する場合以上に、ご自身でのスケジュール管理というのが重要になってきます。
そこでここでは、非常に簡単にはでありますが宅建に独学で合格するためのスケジュールの立て方について
お話ししてみたいと思います。

  1. 総学習時間を決める。
    宅建試験に合格するために本試験当日までに何時間、勉強するのかを決めます。
    宅建試験、合格に必要な一般的な学習時間は、300時間と言われています。
    この300時間を基準に、ご自身の能力や学習環境等に応じて、自分が合格するために必要な総学習時間を見極めましょう。
  2. 学習可能日数を算定する。
    学習可能日数は、本試験当日までの日数を数え、そこから週一回の予備日と既に勉強を休まざるをえないことが決まっている日を差し引くことによって求めることができます。
    なお、本試験まで特に休みをとるつもりがない方についても、イレギュラーな事情で学習が遅れ場合にもその遅れを取り戻すことができるように予備日を必ず、設けるようにして下さい。
  3. 一日の学習時間を決める。
    総学習時間を学習可能日数で割り戻してやれば一日当たりの学習時間を求めることができます。
    あとは毎日、その学習時間を守り続けるだけでOKです。

なお、スケジュールを立てるにあたっては、たとえば、過去問などで毎日20問づつなどといった具合に学習時間ではなく学習すべき事項の分量で立てるということも考えられますが、あまりお勧めしません。
理由は同じ分量と言っても項目ごとに難易度が大きく異なるため、一日当たりの学習分量をこなすために必要な時間がどうしても大きくばらけてしまうからですね。
もちろん、学習すべき事項の分量でスケジュールを立てる方がしっくりくるという方は、それでも構いませんが、その場合には、なるべく一日あたりの学習時間が大きくばらけてしまうことがないよう、一日当たりの学習分量の方を調整するようにして下さい。

 

 

何度、挑戦しても宅建試験に落ちてしまいます。どうすれば、合格することができるのでしょうか。

Q.本人的には頑張っているつもりなのに何度、挑戦しても宅建試験に落ちてしまいます。
どうすれば、合格することができるのでしょうか。

A.事前情報が少ないのでお答えしにくいのですが真面目にやっているのに合格できないのだとしたらその原因として一番に考えられるのは「勉強方法が間違っていること」です。
ですので、まずは自分の勉強方法をしっかりと検証してみましょう。

宅建の受験生であれば、誰もが過去問の重要性は知っていると思いますが、それを知っていながら、なぜか学習の中心をテキストに置いてしまっている人は意外と多いものです。
もし質問者さんもそうなのだとしたら、学習の中心を過去問に置くようにするだけできっと結果は変わってくるはずです。

 

宅建講座に通う方が合格しやすいですか?

Q.宅建講座に通う方が合格しやすいのですか?

A.一概にそうは言えないと思います。
理由は以下の二つです。
1.一言に宅建講座といっても、その質には相当な差があるから。
私が知る限りでもこんな講座なら独学の方がよほどマシなのではと思えるような講座もありますので。
2.基礎学力が高い人にとっては、学習効率が下がる可能性が高いから。
宅建講座では、基礎学力が高い人であればテキストを読めばわかるような内容のことも「わからない。」ことを前提に説明がなされます。
そのため基礎学力が高い人にとっては、不要と思われる解説がどうしても多くなり学習効率が下がる可能性が高いのです。

 

 

 

宅建に独学で合格することは可能ですか?

Q.独学で宅建試験の合格を目指している者です。
周囲の人から宅建講座に通う方がいいと、あまりによく言われるのでちょっと不安になっているのですが、一般的に言って宅建に独学で合格することは可能なのですか?

A.もちろん、充分可能です。
私も含めて多くの方が独学で宅建試験に合格していますから。
ただし、
・学生時代、あまり真面目に勉強してこなかった方や
・勉強から長い間、離れてしまっている方
については、基礎学力の不足から独学だとあまりに時間がかかりすぎることも考えられますので自分の基礎学力を冷静に判断して独学にするのか講座等を利用するのかを決めて欲しいと思います。
あまり、時間がかかり過ぎると挫折してしまうことも考えられますから。
あくまでご自身が宅建試験に合格するためには、独学と宅建講座の利用と、どちらがいいのかという視点から判断されるのが賢明だということですね。
※基礎学力とは、文章を読んで理解する力や簡単な計算ができる力などのことを指します。