headertop

ただ今、無料レポート「宅建試験に合格したい人が絶対に守るべき5つのルール」を
無料プレゼントしています。

これまで2000人以上の宅建受験生を指導してきた当サイト管理人の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な部分を明かした内容となっていますので

来年度、宅建試験に必勝を期される方は、是非この機会に入手しておいて下さい。
ご請求は今すぐコチラからお願い致します。



「一問一答」タグの記事一覧(4 / 58ページ)

宅建過去問平成24年第19問

宅建過去問一問一答

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものは どれか。     1 街区の角にある敷地又はこれに準ずる敷地内に ある建物の建ぺい率については、特定行政庁の指定 がなくとも都市計画において定められた建・・・

宅建過去問平成24年第18問

宅建過去問一問一答

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものは どれか。     1 建築基準法の改正により、現に存する建築物が 改正後の建築基準法の規定に適合しなくなった場合、 当該建築物は違反建築物となり、速やか・・・

宅建過去問平成24年第17問

宅建過去問一問一答

次の記述のうち、都市計画法による許可を受ける 必要のある開発行為の組合せとして、正しいものは どれか。ただし、許可を要する開発行為の面積 については、条例による定めはないものとする。   ア 市街化調整区域にお・・・

宅建過去問平成24年第16問

宅建過去問一問一答

都市計画法に関する次の記述のうち、 正しいものはどれか。     1 市街地開発事業等予定区域に関する 都市計画において定められた区域内において、 非常災害のため必要な応急措置として行う 建築物の建築・・・

宅建過去問平成24年第15問

宅建過去問一問一答

国土利用計画法第23条の届出(以下この問 において「事後届出」という。)に関する次の 記述のうち、正しいものはどれか。     1 土地売買等の契約による権利取得者が 事後届出を行う場合において、当該・・・

宅建過去問平成24年第14問

宅建過去問一問一答

不動産の登記に関する次の記述のうち、誤って いるものはどれか。     1 登記の申請をする者の委任による代理人の 権限は、本人の死亡によっては、消滅しない。     解答○本肢の・・・

宅建過去問平成24年第13問

宅建過去問一問一答

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述 のうち、誤っているものはどれか。     1 共用部分の保存行為は、規約に別段の定めが ない限り、集会の決議を経ずに各区分所有者が 単独ですることができる・・・

宅建過去問平成24年第12問

宅建過去問一問一答

A所有の居住用建物(床面積50平方メートル)に つき、Bが賃料月額10万円、期間を2年として、 賃貸借契約(借地借家法第38条に規定する 定期建物賃貸借、同法第39条に規定する取壊し予定 の建物の賃貸借及び同法第40条に・・・

宅建過去問平成24年第11問

宅建過去問一問一答

賃貸借契約に関する次の記述のうち、民法及び 借地借家法の規定並びに判例によれば、誤っている ものはどれか。     1 建物の所有を目的とする土地の賃貸借契約に おいて、借地権の登記がなくても、その土・・・

宅建過去問平成24年第10問

宅建過去問一問一答

Aは未婚で子供がなく、父親Bが所有する甲建物に Bと同居している。Aの母親Cは平成23年3月末日 に死亡している。 AにはBとCの実子である兄Dがいて、DはEと 婚姻して実子Fがいたが、Dは平成24年3月末日に 死亡して・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ