headertop

ただ今、無料レポート「宅建試験に合格したい人が絶対に守るべき5つのルール」を
無料プレゼントしています。

これまで2000人以上の宅建受験生を指導してきた当サイト管理人の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な部分を明かした内容となっていますので

来年度、宅建試験に必勝を期される方は、是非この機会に入手しておいて下さい。
ご請求は今すぐコチラからお願い致します。



「一問一答」タグの記事一覧(3 / 58ページ)

宅建過去問平成24年第29問

宅建過去問一問一答

宅地建物取引業者A社が、宅地建物取引業者でない Bから自己所有の土地付建物の売却の媒介を 依頼された場合における次の記述のうち、 宅地建物取引業法(以下この問において「法」 という。)の規定によれば、誤っているものは ど・・・

宅建過去問平成24年第28問

宅建過去問一問一答

宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述 のうち、宅地建物取引業法(以下この問 において「法」という。)の規定によれば、 正しいものはいくつあるか。     ア 建物の所有者と賃貸借契約を締結し、 ・・・

宅建過去問平成24年第27問

宅建過去問一問一答

宅地建物取引業の免許(以下この問において 「免許」という。)に関する次の記述のうち、 正しいものはどれか。     1 免許を受けていた個人Aが死亡した場合、 その相続人Bは、死亡を知った日から30日・・・

宅建過去問平成24年第26問

宅建過去問一問一答

宅地建物取引業の免許(以下この問において 「免許」という。)に関する次の記述のうち、 正しいものはどれか。     1 免許を受けようとするA社に、刑法第204条 (傷害)の罪により懲役1年(執行猶予・・・

宅建過去問平成24年第25問

宅建過去問一問一答

不動産の鑑定評価に関する次の記述のうち、 不動産鑑定評価基準によれば、誤っているもの はどれか。     1 不動産の価格を形成する要因とは、不動産の 効用及び相対的稀(き)少性並びに不動産に対する ・・・

宅建過去問平成24年第24問

宅建過去問一問一答

不動産取得税に関する次の記述のうち、正しい ものはどれか。   1 不動産取得税の課税標準となるべき額が、 土地の取得にあっては10万円、家屋の取得の うち建築に係るものにあっては1戸につき23万円、 その他の・・・

宅建過去問平成24年第23問

宅建過去問一問一答

平成24年中に、個人が居住用財産を譲渡した場合 における譲渡所得の課税に関する次の記述のうち、 正しいものはどれか。     1 平成24年1月1日において所有期間が10年以下 の居住用財産については・・・

宅建過去問平成24年第22問

宅建過去問一問一答

農地法(以下この問において「法」という。)に 関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。   1 登記簿上の地目が山林となっている土地で あっても、現に耕作の目的に供されている場合には、 法に規定する農地に・・・

宅建過去問平成24年第21問

宅建過去問一問一答

土地区画整理法における土地区画整理組合に 関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。   1 土地区画整理組合は、総会の議決により解散 しようとする場合において、その解散について、 認可権者の認可を受けなけ・・・

宅建過去問平成24年第20問

宅建過去問一問一答

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤って いるものはどれか。 なお、この問において「都道府県知事」とは、 地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市 にあってはその長をいうものとする。   1 宅地造成・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ