headertop

ただ今、無料レポート「宅建試験に合格したい人が絶対に守るべき5つのルール」を
無料プレゼントしています。

これまで2000人以上の宅建受験生を指導してきた当サイト管理人の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な部分を明かした内容となっていますので

来年度、宅建試験に必勝を期される方は、是非この機会に入手しておいて下さい。
ご請求は今すぐコチラからお願い致します。



「宅建一問一答式過去問平成15年」の記事一覧(3 / 5ページ)

宅建過去問平成15年第28問

宅建過去問一問一答

固定資産税に関する次の記述のうち、正しい ものはどれか。   1 年度の途中において土地の売買があった 場合の当該年度の固定資産税は、売主と買主が それぞれその所有していた日数に応じて 納付しなければならない。・・・

宅建過去問平成15年第27問

宅建過去問一問一答

住宅用家屋の所有権の移転の登記に係る 登録免許税の税率の軽減措置の適用に関する 次の記述のうち、正しいものはどれか。   1 この税率の軽減措置は、木造の住宅用家屋 で建築後24年を経過したものを取得した場合 ・・・

宅建過去問平成15年第26問

宅建過去問一問一答

居住用財産を譲渡した場合における所得税の課税 に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。   1 譲渡した年の1月1日において所有期間が 10年以下の居住用財産を譲渡した場合には、 居住用財産の譲渡所得の特別・・・

宅建過去問平成15年第25問

宅建過去問一問一答

次の記述のうち、正しいものはどれか。   1 地すべり等防止法によれば、 ぼた山崩壊防止区域内において、土石の採取を 行おうとする者は、原則として都道府県知事の 許可を受けなければならない。   解答・・・

宅建過去問平成15年第24問

宅建過去問一問一答

宅地造成等規制法に規定する 宅地造成工事規制区域(以下この問において 「規制区域」という。 )に関する次の記述のうち、 正しいものはどれか。 なお、この問における都道府県知事とは、 地方自治法の指定都市等にあっては、それ・・・

宅建過去問平成15年第23問

宅建過去問一問一答

農地法に関する次の記述のうち、正しいものは どれか。   1 市町村が農地を農地以外のものにするため 所有権を取得する場合、農地法第5条の許可を 得る必要はない。   解答×市町村が農地を農地以外のも・・・

宅建過去問平成15年第22問

宅建過去問一問一答

土地区画整理事業の換地処分に関する次の記述の うち、土地区画整理法の規定によれば、正しい ものはどれか。   1 換地処分は、施行者が換地計画において 定められた関係事項を公告してするものとされて いる。 &n・・・

宅建過去問平成15年第21問

宅建過去問一問一答

建築基準法に関する次の記述のうち、誤っている ものはどれか。   1 市町村は地区計画の地区整備計画が 定められている区域内において、条例で、 建築基準法第48条の建築物の用途制限を強化 又は緩和することができ・・・

宅建過去問平成15年第20問

宅建過去問一問一答

防火地域内において, 地階を除く階数が5 (高さ25メートル) 、延べ面積が 800平方メートルで共同住宅の用途に供する 鉄筋コンクリート造の建築物で、その外壁が 耐火構造であるものを建築しようとする場合に 関する次の記・・・

宅建過去問平成15年第19問

宅建過去問一問一答

開発許可に関する次の記述のうち、都市計画法の 規定によれば、誤っているものはどれか。 なお、この問における都道府県知事とは、 地方自治法の指定都市等にあっては、それぞれの 指定都市等の長をいうものとする。   ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ