メルマガ・バックナンバー」カテゴリーアーカイブ

宅建最短合格音声講座についてご質問を頂きました。

こんにちは、松村です。

昨日より「宅建最短合格音声講座2015」
の先行割引販売を開始致しましたが
既に多くの方から受講の申し込みを頂いています。

「宅建最短合格音声講座2015」

http://www.takken-get.net/3onseikouza

 

受講申し込み頂いた方、本当にありがとう
ございます。

あなたの決断が正しかったことを証明するべく
全力でサポートさせて頂きますので一緒に
頑張りましょう。

さて、本日は「宅建最短合格音声講座2015」に
ついて、早速、いくつかご質問を頂いて
いますので、それらのご質問と松村からの
回答をご紹介しておきたいと思います。

 

ご質問1

「宅建最短合格音声講座」を受講すれば
それだけで合格できるでしょうか?

松村からの回答

それだけではほとんどの人が合格できません。

「宅建最短合格音声講座」を受講するだけ
でなく、必ず、「過去問」を使った学習をする
必要があります。

なお、過去問での学習の方法なども松村に
直接、アドバイスを求めるようにして下さい。

その方が早く、確実に宅建試験に合格できる
力が身に付きます。

 

ご質問2

受験経験者なので、もともと、
「宅建過去問強制インストール」を
購入するつもりでした。

「宅建最短合格音声講座」とどちらが
おすすめですか?

松村からの回答

どちらか一方ということでしたら
「宅建最短合格音声講座」をお勧めします。

2階建ての建物の建築に例えるなら
「宅建最短合格音声講座」は1階部分の工事を
行うためのもの

「宅建過去問強制インストール」は
2階部分の工事を行うためのものと言えます。

だとすれば、安全に建物を建てるためにも
まずは1階部分の工事を、しっかりとやって
おくべきですよね。

過去問学習は確かに重要ですが、
基礎学習を疎かにすると最後に伸び悩みます。

逆に基礎学習をしっかりやっていると
過去問学習を効率的に行えるので最後まで
順調に実力が伸びていきます。

あせる気持ちはわかりますが、より確実に
合格するべく、まずは1階部分の工事を
しっかりとやっていきましょう。

 

ご質問3

既に試験に4回も落ちています。

こんな私でも「宅建最短合格音声講座」を
受講すれば、合格できますか?

松村からの回答

合格できます。

そういう方のための「宅建最短合格音声講座」
です。

ただし、本気で合格したいなら次の2つの
ことを確実に守って下さい。

1つ目は、自力で解決できないことがあったら
必ず松村に質問すること。

2つ目は松村からのアドバイスにできるだけ
素直に従うこと。

あとは普通に勉強すれば当然のように
合格します。
以上が現時点までに頂戴しているご質問と
松村からの回答になります。

 

なお、「宅建最短合格音声講座2015」について
のご質問を引き続き、お受けしています。

受講申し込みをするまでに確認しておきたい
ことがあるという方は、どうかお気軽に
ご質問くださいね。

 

ご質問はこちらからどうぞ。

http://takken-get.net/sitsumon/

それでは本日も最後までお読み頂き、誠に
ありがとうございました。

 

追伸

先行割引販売の期間は本日12月12日金曜日より
12月14日日曜日までの3日間です。

3日間が経過しますと受講料が大幅に上がって
しまいますので、既に受講することを決心
されている方は、お早めにお申込み下さい。

「宅建最短合格音声講座2015」

http://www.takken-get.net/3onseikouza

 

ご意見・ご質問・ご相談はこちらからどうぞ。

http://takken-get.net/sitsumon/

決して一人で悩んだり苦しんだりしないで
下さい。

ほんのちょっと、相談してみるだけで
すごく簡単に問題解決できてしまうこと
もありますので。

 

たった32ページ!これだけ宅建試験短期合格マニュアル

 

 

先行割引販売開始のお知らせ

おはようございます、松村です。

それでは、これより「宅建最短合格音声講座2015」
の先行割引販売を開始致します。

・宅建試験合格に必要な基礎事項の徹底習熟を
他の受験生の数分の1の時間で済ませたい方

・松村から毎週のように電話でアドバイスを
受けながら、「最短ルート」で宅建試験合格に
到達したい方

は今すぐ、受講申込みをなさって下さい。

「宅建最短合格音声講座2015」

http://www.takken-get.net/3onseikouza

「宅建最短合格音声講座2015」ではサポート
体制を思いきり、充実させました。

このサポート体制をしっかりと活用し、真面目に
勉強したら、まず、あなたが不合格になることは
ないでしょう。

逆にこのサポート体制で不合格になるようなら
ちょっと、打つ手がないかもしれません。

それぐらい言ってもいいほどのサポート体制を
用意したつもりです。

それでは、あなたのご参加を心よりお待ちして
います。

追伸

先行割引販売の期間は本日12月12日金曜日より
12月14日日曜日までの3日間です。

3日間が経過しますと受講料が大幅に上がって
しまいますので、既に受講することを決心
されている方は、お早めにお申込み下さい。

追伸2

「宅建最短合格音声講座2015」について
質問したいことがありましたら、お気軽に
お問い合わせ下さい。

できるだけ速やかに回答させて頂きます。

ご意見・ご質問・ご相談はこちらまで→

http://takken-get.net/sitsumon/

決して一人で悩んだり苦しんだりしないで
下さい。

ほんのちょっと、相談してみるだけで
すごく簡単に問題解決できてしまうこと
もありますので。

たった32ページ!これだけ宅建試験短期合格マニュアル

 

 

「宅建最短合格音声講座2015」先行割引販売を実施します。

こんにちは、松村です。

本日は、告知のみとなります。

来週、12月15日月曜より宅建最短合格音声講座
の2015年版の一般販売を開始します。

これに先立ち、12月12日金曜日から12月14日
日曜日までの3日間限定で先行割引販売を実施
致します。

より少ない労力で、より確実に合格したい。
という方にとっては、最高の講座であると自負
していますので、是非、この機会に参加を検討
してみて下さい。

「宅建最短合格音声講座2015の概要」

・わずか15時間で宅建合格に必要十分な基礎知識
を学べます。

1.3倍速、1.6倍速、2.0倍速高速音声ファイル
で、「暗記」「復習」も楽チンです。

・毎週日曜日開催の電話質問会で松村に口頭で
質問できます。
(ラスト1ヵ月は毎日、電話質問会を行います。)

・メールでの質問は回数無制限です。

まあ、ざっとした内容を見てもらっただけでも
当講座を受講することが

あなたが来年度宅建試験合格を目指す上で
どれほど有利なことなのかは、おわかり頂ける
と思います。

ですので、あなたが
「あえて、大変な方法で合格してみたい。」
とお考えでないかぎり、参加されることを
お勧めします。

それでは12月12日になりましたら、
改めて当ブログ内でも販売開始のご案内を
させて頂きます。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

たった32ページ!これだけ宅建試験短期合格マニュアル

 

宅建試験における勉強方法の重要性

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

松村保誠の宅建試験「最短最速」合格塾
137号

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

松村保誠のプロフィールはこちら

宅建最短合格講座講師プロフィール

松村保誠のブログはこちら
http://ameblo.jp/naniwatakken

宅建最短合格講座
http://takken-get.net/

宅建強制合格コーチング
http://www.takken-get.net/coaching/

宅建最短合格音声講座2014
http://www.takken-get.net/3onseikouza

宅建過去問強制インストール
http://www.takken-get.net/kinstall0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※非常に重要な内容です。ご確認下さい。

『当メルマガは
・宅建試験に短期合格するために必要な情報の提供及び
・宅建試験に短期合格を目指す上で有益な教材やプログラムの
 ご紹介
をすることを目的に運営しています。

ご自身が合格を目指す上でプラスになると思うことは
できるだけ多く取り入れて下さい。

行動があってこそ、はじめて結果が変わります。』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます、松村です。

本日もメールをお読み頂きありがとうございます。

先日、私が学習方法の指導をしていた
ある行政書士試験の受験生が
京都からわざわざ合格の報告に
来てくれました。

ご存じの方も多いと思いますが
近年の行政書士試験は司法改革の余波もあり
大変、難しい試験になっています。

難易度で言えば、宅建試験の3倍から5倍程度と
いったところでしょうか。

そんな難関試験に見事、一発合格したのですから
大したものです。

しかし、この彼、
もともと、非常に優秀な人だったという
わけではありません。

というのも実は彼
宅建試験には4回も不合格になっているのです。

私が彼と最初に出会ったのは一昨年の
ある宅建講座でだったのですが
その時の私の彼に対する第一印象は
「随分とくたびれた受験生」
というものでした。
(K君ごめん。)

めちゃくちゃ真面目に勉強しながら
4回も試験に落ちていたのですから
そんな感じにもなってしまいますよね。

その後、私の講義を聴いて
これまでの自分の勉強方法が
あまり正しいものではないことに気付いた
彼は、積極的に私にアドバイスを求め
勉強方法の修正を行います。

その結果、5回目の挑戦でどうにか
宅建試験に合格することができたのです。

彼の合格は私にとっても本当に
うれしいものでした。

そして、それと同時に非常に
ホッとする、できごとでした。

彼のこれまでの苦労を知っていたがために
「絶対に挫折させたくない。」という
気持ちが強くなっていたんでしょうね。

ところが、そんな私の安堵を無視するかのように
合格発表後、しばらくたってから
彼が私のところに
思いがけない依頼を持ち込んできます。

その依頼の内容とは・・・・・・

はい、みなさん、もうおわかりですね。

「次は行政書士試験にチャレンジしたい
ので個人的に指導をお願いしたい。」
というものだったのです。

この依頼を最初に聴いた時は
正直言って、お受けするかどうか
かなり悩みました。

行政書士試験は宅建試験に一発合格するような
優秀な受験生であっても、
その多くが合格できずに
挫折してしまうような試験です。

そんな難関試験に宅建試験に合格するまでに
5年もかかった彼が果たして合格できるのか
私の方でも確信を持てなかったのです。

安請け合いをして、
彼に変な期待を持たせてはいけない
という思いもあって
随分、何度も断ったのですが
結局、彼の熱意に押し切られる形で
その依頼を受けることになりました。

ところが彼は私の心配をよそに
何のつまづきもなく、順調に
行政書士試験の勉強を進めて
いきます。

今から考えれば、おそらく彼は、
宅建試験での合格体験を通じて
「正しい勉強方法の本質」みたいなものを
しっかりと掴むことが
できていたのでしょうね。

そして、その結果
冒頭でもお話ししたとおり
見事、一発合格を果たしたわけです。

彼が自らの身を持って
証明してくれたことの意味は
おわかりいただけますよね。

それは
「勉強方法を正すことができれば
宅建試験に4度も落ちた人でさえ
行政書士試験に一発合格できる。」
ということです。

常に勉強方法の重要さを口にしている
私でさえ
「勉強方法を正すことで
ここまで結果が変わってくる。」
ということを改めて思い知らされました。

しかし、我々はこの事実が同時に指し示す
恐ろしい側面をも見逃してはなりません。

それは
「逆に言えば
勉強方法を間違えば
行政書士試験に一発合格できるような人でも
宅建試験に何度も落ちるということが
ありえる。」
という事実です。

このメルマガの読者であるあなたが
よもや「勉強方法」を軽んじているとは
思いませんが
より確実に合格することを望まれるなら
念には念を押して
今一度、ご自身の「勉強方法」を
確認してみて下さい。

彼の事例からもわかるとおり
「勉強方法での誤り」は
宅建試験合格を目指す者にとって
「致命傷」
になってしまうことは疑いようのない
事実なのですから。

本日のお話はご理解頂けましたか?

わかったという方はこちらをクリック!

スリーランクアップ

(どれくらい多くの読者の方に本日の内容を
ご理解頂けたかを確認させて頂くための
ものです。ご協力のほどよろしくお願い
致します。)

それでは本日も最後までお読みいただき
誠にありがとうございました。

追伸

実はこの彼、今度はFP試験に挑戦するために
指導を受けたいと申し出てくれています。

私が
「もう自分1人で大丈夫やろ?」と言って
断ろうとしたところ
「いや、大丈夫だと思うんですが
先生と話しないと、なんとなく不安になるので。」
とのこと。

これではただの「お守り」です。(笑)

ご意見・ご質問はこちらまで→

http://mke.y-ml.com/form_if.cgi?type=1&id=situmon

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松村保誠の宅建試験「最短最速」合格塾

発行人・発行責任者:松村保誠

メルマガ運営方針:
宅建学習の習慣化と効率化に役立つコンテンツを
配信することにより、宅建受験生の学習を
サポートします。

発行者連絡先:yasusei71@gmail.com

ブログ:http://ameblo.jp/naniwatakken/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「宅建強制合格コーチング」 募集再開のお知らせ

おはようございます、松村です。

本日は「宅建強制合格コーチング」の
募集再開についてのお知らせです。

何人かの方からお問い合わせを
頂いておりましたが
2月12日より、募集を再開させて頂く
ことになりました。

同日以降こちらのページより参加
申し込みをして頂くことができます。

「宅建強制合格コーチング」

※現在は参加申込みをして頂くことが
できません。

このプログラムについては
私自身、なにしろ
「受講生が合格する。」ということに
めちゃくちゃにこだわるつもりです。

だから、
コーチング以外のタイミングでも
直接、話さないと伝わらないなと
判断した時には
急に電話をかけたりとか
かなりの熱血指導になります。

(先行募集での参加者の中には
「本当に電話をかけてくるんですね!」
と驚かれている方もいました。(笑))

なので、
「そういうのがちょっと苦手」
という方は
参加されないことをお勧めします。

逆に
「合格するためなら熱血指導も
受け入れる!」
という方は是非とも、参加を
検討してみて下さい。

そういう方にとっては、おそらく
最も合格できる可能性を高める
ことができる学習環境になると
思いますので。

「宅建強制合格コーチング」

「宅建強制合格コーチング」についての
ご質問はこちらまで→

http://takken-get.net/mm/46/

それでは本日も最後までお読みいただき
誠にありがとうございました。

ご意見・ご質問はこちらまで→

http://takken-get.net/mm/47/

 

 

 

松村の悲惨な過去

おはようございます、松村です。

前回の内容、覚えていらっしゃいますか?

結果を出したければ「素直さ」って大事ですよって
話でした。

おかげさまで多くの読者の方に共感頂けたようで
「身に染みました。」というメールを
たくさん頂きました。

あなたもこのメールを読んでいて
感じるところがあったら遠慮なさらずに
是非、メールを下さいね。

ご意見・ご質問はこちらまで

http://mke.y-ml.com/form_if.cgi?type=1&id=situmon

(ご質問についてはメルマガやブログ内で
匿名にて紹介させて頂くことがあります。
あらかじめ、ご了承ください。)

さて、本日は「素直さ」ということに絡めて
私自身の過去の経験について少し
お話をしてみたいと思います。

今では「素直さ」って大事ですよ!なんて
偉そうに言っている私ですが
実は、かつては「素直」という言葉からは
本当に縁遠い人間でした。

大学受験の時、担任の先生に
「お前は理系向きだ。」と言われたのに
逆らって、わざわざ文系に進学することにしたり
司法書士試験の受験生の時に合格した人から
「問題演習を中心にした勉強をした方がいいよ。」
というアドバイスをもらったのに、あえて
テキストだけで勉強したり
なにしろ人からアドバイスをもらうと
あえてそれと逆のことをやろうとするタイプの
人間だったのです。

いわゆる「あまのじゃく」ってやつですね。

まあ、その結果、随分痛い目を見ました。

大学受験では、すべりまくって、ようやく
ひっかかった滑り止めの学校に潜り込んだような
有様でしたし
司法書士試験では3度も落ちた挙句
ついには挫折してしまいましたから。

要するに素直じゃないばかりに人生を
めちゃくちゃに狂わせてきてしまっているんです。(泣)

もちろん、今となってはその結果としてある
自分の人生をすっかり受け入れています。

しかし、それでもやっぱり時々は
「もし、自分が若いころから人からの
アドバイスを素直に受け入れることができる
人間だったら・・・・」
なんて思うことがあります。

えっ?それじゃあ、受け入れてないって?

そうです、意外と女々しいんです。(笑)

そして、せっかく縁あってこのメールを読んで
下さっているあなたには
できれば私と同じような思いをして欲しくは
ありません。

だから、ある意味当たり前のこととも言える
「素直さって大事ですよ!」なんて話を
ことさらに、主張してるんです!

少なくともこれまで「我流」を通してきて
思うような結果が得られていないという方は
今一度、真剣に「素直であること」の
価値について考えてみて頂きたいと思います。

たったそれだけのことで色んなことが急に
うまく行きはじめたりすることも
充分、ありえますから。

それでは、本日も最後までお付き合い頂き
誠にありがとうございました。

(ご質問についてはメルマガやブログ内で
匿名にて紹介させて頂くことがあります。
あらかじめ、ご了承ください。)

こういう人は合格しやすい!

おはようございます、松村です。

本日は宅建最短合格音声講座の過去の受講生の
方から頂いたメールを紹介させて頂きたいと
思います。

ココから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ご無沙汰しています。

今年もよろしくお願いします。

先生の『松村保誠の宅建試験「最短最速」合格塾』
は毎回読ませてもらっています。

読むといつも新鮮な気持ちになります。

よくぞ宅建に合格出来たなぁとしみじみ思います。

先生と出会わなければ、今の自分はないです。

本当に不思議な気がします。

ちょっとした、縁がすべてです。

今朝、「不動産コンサルティング技能試験」の
合格証明書が届きました。

先生に教えてもらった勉強法のお陰です。

音声(自分でテキストを録音)と過去問をやりました。

それほどの時間ではなかったと思います。
音声を聞くのも、過去問を解くのも“クセ”に
なっているので、勉強の苦痛はありませんでした。

オフィスフラノ不動産のホームページも今月中に
アップ出来ると思います。

今後ともよろしくお願いします。

ココまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このメールを下さった方は小田島さんと
おっしゃいます。

一昨年の宅建試験合格に引き続き
昨年の不動産コンサルティング技能試験に
合格されたので、わざわざご報告下さった
わけです。

小田島さんの凄さは
人からのアドバイスを受け入れることが
できる素直さと実践力です。

小田島さんは某企業の社長さんです。

そしてご年齢は既に60才を超えて
いらっしゃいます。

一般論としてそんな方が
人からのアドバイスを素直に受け入れて
しかも、しっかりと実践することが
できるでしょうか?

少なくとも私がその立場だったとしたら
そうする自信はありません。

しかし、小田島さんにはそれができます。

だからいとも簡単に
資格試験に合格するための「正しい勉強方法」を
身に付け
若い方でもなかなか合格できないような
試験に合格できてしまうわけです。

私が過去に指導してきた経験で言っても
小田島さんに限らず
「素直にアドバイスを受け入れることができる方」は
やはり結果が出やすいです。

逆に、こちらからのアドバイスに対して
一々、ケチをつけるような人は
まず結果が出ません。

どんなアドバイスも受け入れろ、などというつもりは
ありませんが、
少なくとも根拠があってなされるアドバイスに関しては
一度は前向きに(前向きにじゃないと意味がないです。)
実践してみるぐらいの「素直さ」がある方が
結局は自分が得するんだということを
決して忘れないで下さいね。

そうすればあなたも小田島さんのようにサクサクッと
試験に合格できるのはもちろんのこと
色んなことがうまくいくようになるはずですので。

おわかり頂けましたか?

それでは本日も最後までお付き合い下さり
誠にありがとうございました。

追伸

小田島さんはブログでも時々、私のことを
取り上げて下さっています。

http://www.furano.ne.jp/officefurano/waiwai/bbs/diary.cgi?mode=view&no=1999
http://www.furano.ne.jp/officefurano/waiwai/bbs/diary.cgi?mode=view&no=1735/

これだけ、ほめて頂けるとさすがに
照れますね。

ほめられ慣れていないもので。(笑)

こういった過去の受講生の方のお声に
恥じることがないよう
さらに精一杯、受験生の応援をして
いきたいと思います!

「宅建過去問強制インストール」販売開始のお知らせ

おはようございます、松村です。

大変、長らくお待たせいたしましたが
本日より「宅建過去問強制インストール」
の販売を開始致します。

「宅建過去問強制インストール」

「宅建過去問強制インストール」は
昨年度も多くの受験生を合格に導いた
効果実証済みの教材です。

宅建試験合格のための必要十分条件である
「過去問の完全習熟」を
できるだけあっさりと成し遂げたい方は
是非とも利用を検討してみて下さい。

「宅建過去問強制インストール」

以上、よろしくお願い申し上げます。

短期合格へのヒント

こんにちは、松村です。

本日は、当方の受講生である田村さんから
頂いたメールを紹介させて頂きたいと思います。

少し長いのですが
短期合格を目指す上での重要なヒントが
隠されていますので
是非ともお読み下さい。

ココから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月4日ドキドキしながら9:30の発表を確認したところ、
おかげさまで合格しました!
自己採点で35点で、10/20各専門学校の模範解答と
照らし合わせましたが、問いによって分かれる解釈があり、
私の解答もそれにより左右される
ボーダーライン上であったため、
この1ヶ月半落ち着きませんでした。
 
春前に強制インストールを購入し民法からスタート
しましたが、まもなく学習を中断することになり、
再スタートしたのが盆明けでした。
 教材は素晴らしいにもかかわらず半ば今年の受験を
諦めかけましたが、来年またやりたくないと思い、
極力移動中やちょっとした隙間時間に聴くようにしていました。
この2ヶ月で何ができるだろうか?と考え、
1ヶ月強制インストールに専念する事にし、過去問を
解くことには手をつけませんでした。
1.6倍速で十分に聴きとれたので、3回回わしました。
 
 そして既に9月中旬になり焦り始め過去問をすることに
しましたが、4択式の過去問では偶然の正解もあり得、
知識が定着しているのかわからないため、
一問一答式の問題に集中し、800問を3回やる目標をたて、
これは完全に覚えたと思える問題は問題文全体に×をつけ、
どんどん×が増えるのを楽しむようにしました。
そしてどうしても引っかかる問題は、皆もわからないだろうと
割り切るようにしました。
今思えば基礎知識の定着に特化したのが良かったと思います。

 今年の民法は過去問が役に立たない問題もありましたが、
基本に専念していたため全体で基本的な問題は
あまり落とす事がなかったと思います。
実際の問題を勉強と同様に○×式問題のつもりで
解いていく形にしたのが、
結果的に自分には合っていたのでしょう。 
 合格したから言える事ではありますが、もっとまじめに
やっていればボーダーラインでドキドキする
必要はなかったわけです。
やり方は褒められませんが、たまたま捨て身の戦法が
功を奏した訳で、反省しています。
 
 強制インストールは本当に便利で、満員電車でも
勉強できるのが良く、耳から入れてるので頭のどこかに
残っているのでしょうね。教材が素晴らしいので早くやれば
ボーダーラインでドキドキすることがなく、
40点台は取れ、合格発表までドキドキすることはないと
思います。
強制インストール→一問一答集→4択式の流れがスムーズに
行くと思います。
そうすれば、敢えて専門学校の模擬試験は受けなくても
十分ではないでしょうか。

 51歳にして合格し、自営業ですがこれから宅建資格を
生かしたいと考えているのですが、
今後は不動産屋集客塾なるメールマガジンを参考にしたいと
思います。
不動産会社に勤務したことがなく、大家として数件物件が
あるくらいで何ができるか考えたいと思います。
知識を無駄にしないよう毎年参考書を購入し目を通そうと思います。
あと、法改正にも注意したいと思います。
この歳で勉強して合格する姿を子供に見せられる事は、
子供が自分の勉強をする上でも
非常に良い刺激になったと思います。
 
 松村先生はメールでの対応も迅速で本当にお世話になりました。
良い教材に出会えて本当に良かったです。有難うございました。

ココまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ここで一つ質問をさせて下さい。

あなたはなぜ田村さんが
わずか数か月の勉強で
(おそらく本気で勉強されたのは
盆明け以降の2ヶ月間だけだった
はずです。)
無事、合格することができたのか
わかりますか?

もちろん、細々とした理由は
色々とあります。

「トラブルに見舞われてもあきらめなかったこと。」
「基本事項を習熟することの重要性を理解していたこと。」
なども理由の一つとして挙げることができます。

しかし、最も大きな理由はなんといっても
「やるべきことを明確にし、そこからぶれなかったこと」
でしょう。

本試験までの残り期間などから
合格するためにやれること・やるべきことをはっきりとさせて
そのことだけに集中的に取組む。

この「極めて力が出やすい」
試験に対する「向かい合い方」こそが
普通なら諦めるであろう状態からの
逆転合格を呼び込んだわけです。

・やるべきことが明確になっていない状態、もしくは
・いったんはやるべきことを明確にしても、そこから
 すぐにぶれてしまうような状態では
力が充分に出し切れないのは当然のことです。

だからあなたが
できるだけあっさりと短期間で
合格という結果を手に入れたいなら
まずはやるべきことを明確にし
そこから絶対にぶれないようにするべきなんです!

合格したいって気持ちが強ければ強いほど
勉強を真面目にやればやるほど
自分のやっていることに不安を感じてしまうのは
よくわかります。

でも、そこで不安に負けて
やるべきことからぶれてしまっては
合格は遠ざかるばかりです。

だから、そこをどうにかグッとこらえて
ぶれないようにして頂きたい。

せっかく合格への最短距離を進んでいるのに
道をそれてはいけないんです!!

「やるべきことを明確にし、そこからぶれない。」

あなたも短期合格を望むなら、
絶対にこのことを守って下さいね。

2013年宅建試験の合格発表

こんにちは、松村です。

合格発表がありましたね。

合格ラインは大方の予想通りの33点と
なりました。

問題の難易度等を考えると
まあ妥当なラインと言えるのかもしれません。

無事、合格された方
おめでとうございます。

あなたが手にされた宅建という資格は
本当に価値ある資格です。

ですから是非、十二分に活用して下さい。

もしも先々、独立することも
考えていらっしゃるなら
(っていうか、せっかく宅建をとったなら
いずれは独立されるべきです!)
これからは松村のこちらの
メルマガを購読されることを
お勧めします。

不動産屋集客塾

http://fudousan-marketing.biz/syukyakulp/

低予算で稼ぐための松村独特の
手法をしっかりと学んで下さい!

不合格に終わった方
残念でしたね。

勝負は時の運もありますから
仕方がありません。

気持ちを切り替えて
来年に向けて
再び頑張りましょう。

ただし、気持ちを切り替えても
今日の日の悔しさは
決して忘れてはいけませんよ。

こんな気持ち二度と味わいたく
ありませんよね?

だったら、来年の10月まで
私の言うことを信じて
「絶対にぶれずに」
ついてきて下さい。

大丈夫ですよ!

ぶれずについてきてくれた方は
おじいちゃんだって合格して
ますから。(本当です。)

なにしろ、ぶれないってことが
大事です!!

そして、来年こそは合格の喜びを
分かち合いましょう。

ここで100%合格するって
決意して下さい。

決意できる人だけが確実に
合格できるのです!!

わかりましたか?

「わかった!」という方は
来年、絶対合格に向けて決意の
クリック!

http://takken-get.net/mm/38/

(飛ぶ先は私のサイトのトップページです。
みなさんに本日の内容が伝わったかどうかを
私が個人的に知って喜ぶだけです。(笑))

今はもう少し、ゆっくりと休まれて
再始動への英気を養って下さい。

本当にお疲れ様でした。

それでは本日も最後までお付き合い頂き
ありがとうございました。