年別アーカイブ: 2013年

短期合格へのヒント

こんにちは、松村です。

本日は、当方の受講生である田村さんから
頂いたメールを紹介させて頂きたいと思います。

少し長いのですが
短期合格を目指す上での重要なヒントが
隠されていますので
是非ともお読み下さい。

ココから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月4日ドキドキしながら9:30の発表を確認したところ、
おかげさまで合格しました!
自己採点で35点で、10/20各専門学校の模範解答と
照らし合わせましたが、問いによって分かれる解釈があり、
私の解答もそれにより左右される
ボーダーライン上であったため、
この1ヶ月半落ち着きませんでした。
 
春前に強制インストールを購入し民法からスタート
しましたが、まもなく学習を中断することになり、
再スタートしたのが盆明けでした。
 教材は素晴らしいにもかかわらず半ば今年の受験を
諦めかけましたが、来年またやりたくないと思い、
極力移動中やちょっとした隙間時間に聴くようにしていました。
この2ヶ月で何ができるだろうか?と考え、
1ヶ月強制インストールに専念する事にし、過去問を
解くことには手をつけませんでした。
1.6倍速で十分に聴きとれたので、3回回わしました。
 
 そして既に9月中旬になり焦り始め過去問をすることに
しましたが、4択式の過去問では偶然の正解もあり得、
知識が定着しているのかわからないため、
一問一答式の問題に集中し、800問を3回やる目標をたて、
これは完全に覚えたと思える問題は問題文全体に×をつけ、
どんどん×が増えるのを楽しむようにしました。
そしてどうしても引っかかる問題は、皆もわからないだろうと
割り切るようにしました。
今思えば基礎知識の定着に特化したのが良かったと思います。

 今年の民法は過去問が役に立たない問題もありましたが、
基本に専念していたため全体で基本的な問題は
あまり落とす事がなかったと思います。
実際の問題を勉強と同様に○×式問題のつもりで
解いていく形にしたのが、
結果的に自分には合っていたのでしょう。 
 合格したから言える事ではありますが、もっとまじめに
やっていればボーダーラインでドキドキする
必要はなかったわけです。
やり方は褒められませんが、たまたま捨て身の戦法が
功を奏した訳で、反省しています。
 
 強制インストールは本当に便利で、満員電車でも
勉強できるのが良く、耳から入れてるので頭のどこかに
残っているのでしょうね。教材が素晴らしいので早くやれば
ボーダーラインでドキドキすることがなく、
40点台は取れ、合格発表までドキドキすることはないと
思います。
強制インストール→一問一答集→4択式の流れがスムーズに
行くと思います。
そうすれば、敢えて専門学校の模擬試験は受けなくても
十分ではないでしょうか。

 51歳にして合格し、自営業ですがこれから宅建資格を
生かしたいと考えているのですが、
今後は不動産屋集客塾なるメールマガジンを参考にしたいと
思います。
不動産会社に勤務したことがなく、大家として数件物件が
あるくらいで何ができるか考えたいと思います。
知識を無駄にしないよう毎年参考書を購入し目を通そうと思います。
あと、法改正にも注意したいと思います。
この歳で勉強して合格する姿を子供に見せられる事は、
子供が自分の勉強をする上でも
非常に良い刺激になったと思います。
 
 松村先生はメールでの対応も迅速で本当にお世話になりました。
良い教材に出会えて本当に良かったです。有難うございました。

ココまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ここで一つ質問をさせて下さい。

あなたはなぜ田村さんが
わずか数か月の勉強で
(おそらく本気で勉強されたのは
盆明け以降の2ヶ月間だけだった
はずです。)
無事、合格することができたのか
わかりますか?

もちろん、細々とした理由は
色々とあります。

「トラブルに見舞われてもあきらめなかったこと。」
「基本事項を習熟することの重要性を理解していたこと。」
なども理由の一つとして挙げることができます。

しかし、最も大きな理由はなんといっても
「やるべきことを明確にし、そこからぶれなかったこと」
でしょう。

本試験までの残り期間などから
合格するためにやれること・やるべきことをはっきりとさせて
そのことだけに集中的に取組む。

この「極めて力が出やすい」
試験に対する「向かい合い方」こそが
普通なら諦めるであろう状態からの
逆転合格を呼び込んだわけです。

・やるべきことが明確になっていない状態、もしくは
・いったんはやるべきことを明確にしても、そこから
 すぐにぶれてしまうような状態では
力が充分に出し切れないのは当然のことです。

だからあなたが
できるだけあっさりと短期間で
合格という結果を手に入れたいなら
まずはやるべきことを明確にし
そこから絶対にぶれないようにするべきなんです!

合格したいって気持ちが強ければ強いほど
勉強を真面目にやればやるほど
自分のやっていることに不安を感じてしまうのは
よくわかります。

でも、そこで不安に負けて
やるべきことからぶれてしまっては
合格は遠ざかるばかりです。

だから、そこをどうにかグッとこらえて
ぶれないようにして頂きたい。

せっかく合格への最短距離を進んでいるのに
道をそれてはいけないんです!!

「やるべきことを明確にし、そこからぶれない。」

あなたも短期合格を望むなら、
絶対にこのことを守って下さいね。

2013年宅建試験の合格発表

こんにちは、松村です。

合格発表がありましたね。

合格ラインは大方の予想通りの33点と
なりました。

問題の難易度等を考えると
まあ妥当なラインと言えるのかもしれません。

無事、合格された方
おめでとうございます。

あなたが手にされた宅建という資格は
本当に価値ある資格です。

ですから是非、十二分に活用して下さい。

もしも先々、独立することも
考えていらっしゃるなら
(っていうか、せっかく宅建をとったなら
いずれは独立されるべきです!)
これからは松村のこちらの
メルマガを購読されることを
お勧めします。

不動産屋集客塾

http://fudousan-marketing.biz/syukyakulp/

低予算で稼ぐための松村独特の
手法をしっかりと学んで下さい!

不合格に終わった方
残念でしたね。

勝負は時の運もありますから
仕方がありません。

気持ちを切り替えて
来年に向けて
再び頑張りましょう。

ただし、気持ちを切り替えても
今日の日の悔しさは
決して忘れてはいけませんよ。

こんな気持ち二度と味わいたく
ありませんよね?

だったら、来年の10月まで
私の言うことを信じて
「絶対にぶれずに」
ついてきて下さい。

大丈夫ですよ!

ぶれずについてきてくれた方は
おじいちゃんだって合格して
ますから。(本当です。)

なにしろ、ぶれないってことが
大事です!!

そして、来年こそは合格の喜びを
分かち合いましょう。

ここで100%合格するって
決意して下さい。

決意できる人だけが確実に
合格できるのです!!

わかりましたか?

「わかった!」という方は
来年、絶対合格に向けて決意の
クリック!

http://takken-get.net/mm/38/

(飛ぶ先は私のサイトのトップページです。
みなさんに本日の内容が伝わったかどうかを
私が個人的に知って喜ぶだけです。(笑))

今はもう少し、ゆっくりと休まれて
再始動への英気を養って下さい。

本当にお疲れ様でした。

それでは本日も最後までお付き合い頂き
ありがとうございました。

忘年会

早いもので今年も残すところ
あと一月半ほどになりました。

そこでそろそろ忘年会の参加者を
募りたいと思います。

昨年は三十数名の方にご参加頂き
大変、ありがたかったのですが
ほとんどの方としっかりお話をさせて
頂くことができず
残念な思いを致しました。(涙)

その点、今年は
昨年までと違い、講座を
全くやっていませんので
参加者も少なくなるはずですので
(4・5人程度?)
松村と無駄話(笑)をしてみたい
という方はお気軽にご参加下さい。

・宅建・FP・行政書士などの
資格に関すること
・インターネットビジネスに関すること
・リアルビジネスでの集客に関すること
など、松村がお答えできることなら
なんでもお答えします。

日時
12月7日(午後17時30分より)
場所
JR大阪駅周辺
参加費用
4000円程度
(まだ店が決まっていないため)
参加資格
みんなと仲良く飲める方(笑)

参加希望の方はこちらまで
以下の事項を明記して
ご連絡下さい。

yasusei71☆gmail.com
(☆を@に差し替えて下さい。)

お名前
電話番号
(当日、確実にお会いできるようにするため)
メールアドレス

実質、ただの飲み会ですので
お気軽にご参加下さい。

こじんまりと楽しみましょう。

宅建試験に合格したい人が絶対に守るべき5つのルール

こんにちは、松村です。

多く方より試験結果のご報告を頂き
誠にありがとうございます。

まだ、ご返答できていない方も
いるのですが
できるかぎり早く返答させて
頂きますので今、しばらく
お待ちください。

さて、本日は無料レポートを
一つ紹介させて頂きます。

こちらです。


「宅建試験に合格したい人が絶対に守るべき5つのルール」
http://takken-get.net/tkg/

 

今年の試験が終わってみて
来年、どう戦うべきかがわからない
という方もいらっしゃることでしょう。

そういう方にこそ、知っておいて頂きたい
内容になっていますので
是非ともお読みになってみて下さい。

ご質問・ご感想もお待ちしています。

こちらまで

yasusei71☆gmail.com
(☆を@に置き換えてご連絡ください。)

(ご質問・ご感想について匿名にて
メルマガやブログ等で引用させて
頂くことがあることを、あらかじめ
ご了承ください。)

それではまた。

いよいよ、明日が本試験となりました。

こんにちは、松村です。

いよいよ、明日が本試験となりました。

そこで本日は受験上の注意事項について
簡単にお話ししておきたいと思います。

1.筆記用具等について

・鉛筆

マークしやすいようにシャーペンではなく
鉛筆を用意するようにして下さい。

できれば会場に行くまでに芯が折れたり
することがないよう、キャップも用意
して下さい。

・消しゴム

万が一に備えて2個以上持っていかれる
ことをお勧めします。

・時計

会場によっては時計がない可能性が
ありますので、腕時計は持っていく方が
無難です。

なお、言うまでもないと思いますが
携帯電話を使用することはできません。

・受験票

鉛筆や消しゴムなどと違って
これだけはコンビニで購入することが
できませんので
家を出る前にしっかりと確認して下さい。

万が一の時には試験委員に
その旨を申し出て指示を仰ぎましょう。

2.場所について

始めて行く場所の場合、事前に
インターネットなどを使って
具体的なアクセス方法を確認して下さい。

大学などでは校門をくぐってから
試験会場まで10分以上、歩くということも
よくありますのでそのことを考慮して
行動するようにしましょう。

3.当日の行動について

・昼食

眠くならないように量をおさえて下さい。

サンドイッチかおにぎり1個程度が
良いでしょう。

なお、全く食べないと
お腹が空き過ぎて頭が働かなくなる可能性が
ありますので、必ず、少しは食べるように
して下さい。

・飲料

利尿作用の著しい濃いお茶やコーヒーは
できるだけ飲まないようにして下さい。

また、これら以外のものであっても
飲み過ぎには充分、注意して下さい。

・到着

12時には試験会場に到着するようにしましょう。

電車の遅延が多い路線を利用される方は
万が一に備えてさらに早めに到着するよう
行動することをお勧めします。

・トイレ

試験が始まるまでに少しでも尿意があれば
必ずトイレに行くようにして下さい。

試験の途中でトイレに行くと、その時点で
試験は終了となります。

いずれも言われてみれば当たり前のこと
ばかりですが、ここまでくれば
実力を出し切るためにも
こういうことにこそ気を使うべきです。

試験前日のお忙しい中、恐縮ですが
今一度、確認してみて頂きたいと思います。

あなたが宅建合格に向けてこれまで払って
きた努力があなたを裏切ることは決して
ありません。

ですから、自信を持って試験に臨んで下さい。

合格は既にあなたの手のひらの中にあります。

後はそれを掴みとるのみです。

ご検討を心よりお祈り申し上げます。

「本試験の得点をあと3点上積みするために あなたがやるべきこと・心掛けるべきこと」

おはようございます、松村です。

日々の学習お疲れ様です。

本日は新しい無料レポートについて
ご案内させて頂きます。

こちらです。

「本試験の得点をあと3点上積みするために
あなたがやるべきこと・心掛けるべきこと」

合格ライン付近で必死に戦っている
あなたを応援するための
無料レポートです。

本文がわずか3ページと非常に
短い無料レポートですが
内容は間違いなく濃いものと
なっていますので
是非ともお読み頂きたいと
思います。

なお、本ページより無料レポートをご請求されますと
私の公開メールマガジン
「松村保誠の宅建試験最短最速合格塾」に自動登録
されますが既に登録されているメールアドレスが
二重に登録されることはありませんので
ご安心ください。

また、メールマガジンの配信が不要になった場合には
メルマガ内より、登録解除することができますので
その点についてもご安心ください。

それでは本試験まで残り5日間、引き続き
頑張って参りましょう。

以上、よろしくお願い申し上げます。

追伸

「2013年 宅建試験対策用ゴロで楽々覚える統計の数字」
のご請求がお済でない方は是非、早めにご請求ください。

おかげ様で多くの方よりご好評を頂いております。

「2013年 宅建試験対策用ゴロで楽々覚える統計の数字」

大好評です!「2013年 宅建試験対策用ゴロで楽々覚える統計の数字」

先日、公開させて頂いた無料レポート
「2013年 宅建試験対策用ゴロで楽々覚える統計の数字」
ですが、非常に多くの方からご好評を頂いております。

統計の数字の暗記に苦しまれている受験生の方は
是非ともこの無料レポートをご利用頂きたいと
思います。

「2013年 宅建試験対策用ゴロで楽々覚える統計の数字」

ちなみに最も評判がいいのが住宅着工統計のゴロです。

「笑えた。」とか
「試験が終わってもずっと覚えてられそう。」とか
様々におほめの言葉を頂戴しています。

是非、あなたも早速ダウンロードして確認してみて下さいね。

「2013年 宅建試験対策用ゴロで楽々覚える統計の数字」


「2013年 宅建試験対策用ゴロで楽々覚える統計の数字」

みなさん、こんにちは。

日々の学習、お疲れさまです。

本日は一つ連絡事項があります。

統計の数字を覚えるための無料レポートを作りましたので必要とされる方は、こちらからご請求ください。

「2013年 宅建試験対策用ゴロで楽々覚える統計の数字」

自分で言うのもなんですが本当に驚くほど馬鹿馬鹿しいゴロができあがりました。(笑)

大変な日々の学習の中での「息抜き」のつもりでお楽しみ頂ければ幸いです。

それでは引き続き、勉強頑張って下さい。

「2013年 宅建試験対策用ゴロで楽々覚える統計の数字」

宅建の都市計画法、どうすればいい?

悩む男性Q.宅建の都市計画法がどうにも苦手です。
いくらテキストを読んでもよくわからないし、なんだかチンプンカンプンです。
捨ててもいいなら、捨てたいくらいなんですが、それで試験に通るものでしょうか。
何か良いアドバイスを下さい。

A.都市計画法は法令上の制限の中でも特に苦手にされている方が多いようですね。

都市計画法を攻略するためには、まず全体像を把握することが重要になります。
全体像を把握して、今読んでいる内容が、その全体の中のどこの部分の話をしているのかを、しっかり認識しながら読むことができれば、かなり理解しやすくなると思います。

それでも理解しにくい場合は次善の策として、しっかり理解することは諦めて出題頻度が高い部分だけに絞って学習することをお勧めします。
都市計画法はたった2問しか出ない割には、結構、ボリュームのある法律なんですが、出題されるところは、かなり偏っています。
ですので、そこだけを集中的に勉強して、他の部分は捨ててしまうということですね。
具体的には1.都市計画の内容と2.開発行為の部分だけをしっかり、やっておけばいいのではないでしょうか。

講師という立場を考えると、あまり簡単に的をしぼるとか、捨てるということを勧めるのは、よくないのかもしれませんが、私自身は宅建試験に合格するためには捨てるということも一つの戦術だと思っています。
なんでも、かんでも捨てていては話になりませんが、他でしっかり得点できる目算ができるのであれば、確実に勝つためにあえて捨てるということを選択してもよいのではないでしょうか。
宅建試験は、しょせん四肢択一式という正解しやすい問題形式の中で7割程度得点できれば、合格できる試験なのですから、必要とあればそのことを念頭に置いた戦い方をすべきということですね。

より安全に、より確実に、より効率的に合格できるのであれば、どのような選択もタブーではないと思います。
(もちろん、不正行為などは、決して許されるものではありませんが。)

宅建試験の出願期間が、いよいよ始まります!

本日より宅建試験の出願期間が始まります。

出願すると試験に対する気持ちも高まってくることと思いますので
できるだけ早めに出願して、本気モードで勉強に取り組めるように
しましょう。

特に試験会場が複数ある都道府県の方は、試験会場の希望が通るか
どうかが先着順になってしまいますので、今日、明日にでも出願して
しまう方がいいと思います。

なお、インターネット出願は7月16日までと郵送による出願(こちらは
7月31日まで)に比べて出願期間が非常に短くなっていますので
インターネット出願を希望されている方も早めに出願するようにして
下さい。

ちなみに個人的には、よほどパソコンが苦手という方でない限り
インターネット出願をお勧めします。

こちらの方が圧倒的に手間がかからないからです。

写真の添付などがハードルが高そうに感じられるかもしれませんが
やってみるとそうでもありませんので、是非一度トライして
みて下さい。

本日、価格変更!「宅建過去問強制インストール」
installhon