年別アーカイブ: 2012年

「2013年宅建試験に向けた学習のあり方」

こんにちは、松村です。

 

本日は、
「2013年宅建試験に向けた学習のあり方」
というテーマでお話ししたいと思います。

 

2012年の宅建試験の合格ラインは、33点で実に3年ぶりに
7割以下に下がりました。

 

このことは、おそらく試験委員の思惑通りなのでしょう。

 

個数問題を、急激に増やすなど明らかに合格ラインを
下げようとした意図が見て取れるからです。

 

そして個数問題を増加させれば、合格ラインを
コントロールできることが明確になった以上
来年度以降の試験でも個数問題が多く出題される
ことは間違いないと思います。

 

したがって来年度以降の試験においては、この
個数問題で正解できるか、どうかが合否を分ける
ポイントになってくることでしょう。

 

では、多くの人が苦手とされているこの個数問題の
対策としては、どのような学習が有効なのでしょうか。

 

その答えは本年度の個数問題を確認すれば
自ずと見えてきます。

 

本年度の個数問題は
問28
問34
問38
問40
問41
の5問です。

 

これらの問題には共通点があります。

 

その共通点とは
1.「宅地建物取引業法」の問題であること。
2.ほぼ全ての問題が「基本事項」を問うものであること。
という2点です。

 

ということは
・少なくとも「宅地建物取引業法」に関して
・「基本事項」を徹底的にマスターすることができれば
個数問題にも対応できるということですね。

 

これらのことから考えれば、合格するために
我々が選択すべきなのは
学習すべき事項を増やす「拡張型の学習」ではなく
「基本事項」の完全習熟を目指す「集中型の学習」
ということになります。

 

近年、宅建試験が難化していると言われるように
なってから、やたらと分厚い宅建のテキストが
増えました。

 

私自身はもともと、そういうテキストを使った
「拡張型の学習」に対しては、
否定的な見解を示していましたが
「基本事項」の完全習熟が合格へのカギとなる
今後の試験においては「拡張型の学習」は
絶対に選択してはいけない学習法と言える
でしょう。

 

あなたが本気で合格したいなら、迷いなく
「集中型の学習」
を選択して頂きたいと思います。

 

「集中型の学習」は、もはや
より効率的に合格するための方法論であるだけでなく
合格するための「唯一の方法論」になった
ということです。

 

それでは、またメールしますね。

 

 

取消しとは

取消しとは
ある法律行為について行為の時に遡って
なかったことにする意思表示のことや。

 
・制限行為能力者が単独ではできないとされている
法律行為を単独でやってしまった場合や
・詐欺や強迫によって、瑕疵ある意思表示を
してしまった場合
にすることができんねん。

 

なお、取消しは一応は有効に成立した法律行為の
効果を事後的に否定するものやから、無効とは
別物やで。

 

 

合格のご報告ありがとうございます。

今年は例年にも増して多く方から合格の
ご報告を頂戴しています。

 
本日12月10日までの間で、その数なんと57名!

 
私の本を読んだというご縁だけで
ご報告下さった方も12名もいらっしゃって
本当に有難い限りです。

 
ご報告下さったみなさん、本当にありがとうございます。

 
そしておめでとうございます。

 
どなたから頂いたご報告もうれしくて涙が出そうでした。

 

 

その中でも特に感動させられたのは、北海道の
小田島さんからのご報告でした。

 
会社の社長として多忙な日々を過ごしながら
還暦間近のご年齢で、見事一発合格を
果たされたとのこと。

 
どんな状況であっても
・正しい勉強方法で
・正しい努力を積み重ねれば
合格できることを、しっかり証明して下さった
ことは、来年以降の合格を目指される方にとって
非常に励みになることだと思います。

 
小田島さんの合格への経緯については
小田島さんのホームページ内の日記
「富良野オダジーのわいわい日記」
http://www.furano.ne.jp/officefurano/waiwai/bbs/diary.cgi

(特に12月5(水)の日記)に詳しく
書かれていますので、来年度、宅建試験合格を
目指される方は、是非、一度、ご覧下さい。

 

 

それでは小田島さんはじめ、ご報告下さった方々
本当にありがとうございます。

 
改めて御礼とお祝いを申し上げます。

 

 

被保佐人とは

 

被保佐人とは
精神上の障害により事理を弁識する能力が著しく不十分であり
家庭裁判所によって保佐開始の審判を受けた者のことや。

 

「事理を弁識する能力が著しく不十分」というのは
「物事を判断する能力が著しく不十分」ということやな。

 

事理を弁識する能力が「著しく不十分」なだけで、
全くないわけやないから注意してな。

 

だから、被保佐人は原則として単独で有効に法律行為を
することができるねん。

 

ただし、
・借金をする。
・不動産の売買契約を締結する。
・訴訟行為をする。
などの被保佐人にとって重要な意味のある法律行為を
有効にするためには保護者である保佐人の同意が
必要になるから、よう覚えときや。

 

被保佐人がこれらの法律行為を保佐人の同意を得ずに
単独でやった場合には、その法律行為を取消すことが
できるで。

 

オフ会のお誘い

2013年度、宅建試験の合格発表も終わり、
合格された方も
残念な結果に終わられた方も
一つの区切りがついたことと思います。

 

そこで改めて年末のオフ会のお誘いです。

 

・合格された方は、ご自身の快挙を祝うために
・残念な結果に終わられた方は、来年の
絶対合格を誓うために
それぞれご参加頂ければと思います。

 

もちろん、例年のとおり宅建試験と何の関係
もない方も気軽にご参加下さいね。

 

オフ会の開催要項は以下の通りです。

 

日時;12月29日午後5時30分より
場所;大阪梅田駅界隈の居酒屋
(人数が確定してから場所を押さえます。)
集合時間と場所;
午後5時にJR大阪駅御堂筋南改札に集合
(場所がわかる方は、事前連絡の上、直接
会場にお越しいただいても構いません。)
参加費;4000円程度
(できるだけこの金額で済むお店を探します。)
参加資格;特になし。

 

なお、現時点での参加人数は私を含めて16名と
なっています。

 

申込みの期限については特に設けていませんが
お店をおさえてから後は、会場のキャパシティ
の都合でお断りしないといけないことが
あるかもしれませんので、できるだけ12月20日
までにお申込み頂ければと思います。

 

参加申込みについては
yasusei71☆gmail.com
(☆を@に変えて下さい。)
あてに
1.お名前
2.メールアドレス
3.電話番号(当日、万が一、会えなかった
場合に備えてです。)
をご記載の上、「オフ会参加申込み」の件名で
ご連絡下さい。

 

おって、後日、オフ会の詳細等について
ご連絡させて頂きます。

 

特に来年、再受験されるつもりの方にとっては
一緒に合格を目指す「仲間」を得られる貴重な
機会になると思いますので、非常に忙しい時期
かと思いますが、万障お繰り合わせの上
ご参加下さい。

 

以上、よろしくお願い申し上げます。

 

 

成年被後見人とは

成年被後見人とは
・精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にあり
・家庭裁判所により後見開始の審判を受けた者
のことや。

 

 

つまり、
通常の状態で判断能力が全然ない人が
家庭裁判所によって後見開始の審判を受けると
成年被後見人になるわけや。

 

 

通常の状態で判断能力が全然ない人でも
後見開始の審判を受けてない限り
成年被後見人には、なれへんから間違えたら
あかんで。

 

 

成年被後見人が単独でやった法律行為は原則として
取消すことができる。

 

 

これは成年被後見人が不十分な判断能力でやった
法律行為に縛られてしもうたら気の毒やからやな。

 

 

ただし、日用品の購入その他日常生活に関する行為は
成年被後見人も単独でできるで。

 

 

成年被後見人やからといって弁当とかお茶、買うたり
するぐらいのことも単独ではできへんとなると
不便でしゃーないもんな。

 

 

なお、成年被後見人が、有効に法律行為をするためには
原則として、保護者である成年後見人に代理して
やってもらう必要があんねん。

 

 

成年後見人の同意があっても成年被後見人自身が
意思表示をして法律行為をしたら取消すことが
できることになるから、気つけなあかんで。

 

 

 

宅建試験の合格発表を受けて

本日、待ちに待った宅建試験の合格発表がありましたね。

 

 

合格された方、本当におめでとうございます。

 

 

大方の見方より、2点も合格ラインが低くなったため
「完全に諦めていたのに合格していた。」という方も

いらっしゃることでしょう。

 

 

いずれにしても頑張ってきたかいがありましたね。

 

 

今後は宅地建物取引主任者資格を活かして
さらに活躍の場を拡げていって下さい。

 

 

 

今年は合格ラインに届かなかった方残念でしたね。

 

 

特に充分な準備をしたつもりなのに結果を出せなかった

人は悔しくて、たまらないことでしょう。

 

 

しかし、あなたが、これまで払ってきた努力が無駄に

なることは決してありません。

 

 

喜びをたった1年、先送りしただけのことですから、

早いうちに気持ちを切り替えるようにしましょう。

 

 

なお、来年リベンジを図るつもりの方は勉強を

再開する時期は、まだ先だとしても今年、合格

できなかった原因の分析だけは早いうちに

やっておいて下さいね。

 

 

なぜなら、合格できなかった原因によっては
その対策を講じるのに非常に時間が
かかることもあり得るからです。

 

 

特に「充分な準備をしたつもりなのに結果を
出せなかった人」については、合格できなかった

原因の対策に時間がかかる可能性が高いですので、

必ず、早いうちに合格できなかった原因の分析を

するようにして下さい。

 

 

ちなみに合格できなかった原因の分析は
「なぜ」を繰り返すことによって
根っこの部分にしっかりリーチする必要があります。

 

 

表面的な原因だけを特定しても、効果的な対策を

講じることができなかいからです。

 

 

たとえば、合格できなかった原因が
「試験の時間が足りなかった。」ということであれば、

さらに「なぜ、時間が足りなかったのか?」
という風に深掘りしていくわけです。

 

 

このようにして「なぜ?」という問いを可能な限り

繰り返していくと、あなたが合格できなかった原因の

本質にたどり着くことができます。

 

 

そうやって合格できなかった原因の本質を特定して

しまえば、それに対処する方法を見つけるのは

簡単なことですので。

 

 

ちょっと面倒に思えるかもしれませんが来年、同じ

原因で不合格にならないためにも、是非とも実践して

頂きたいと思います。

 

 

 

2012年度宅建試験の合格ライン発表

 

本日9時30分の合格発表に先立ち、週間住宅さんの
ホームページ上で2012年度宅建試験の合格ライン発表が
ありました。

 

合格ラインは33点、合格率は16.7%でした。

 

無事、合格された方、本当におめでとうございます。

 

残念な結果に終わられた方、悔しいですが来年こそ
サクッと合格しましょう。

 

以上、まずはご報告までに。

 

 

未成年者とは

 

未成年者とは満20歳未満の者のことやな。

 

満20歳未満の者は判断能力が不十分やろう、ということで

一律に行為能力を制限することにしたんや。

 

だから未成年者がお父ちゃんとか、お母ちゃんの同意を得ずに

単独でした法律行為は原則、取消すことができんねん。

 

高校生の時にバイクみたいな高価なもの買おうとしたら

店のおっちゃんに「親の同意書もらってこい。」って

言われた経験あれへん?

 

あれは、後になって契約取消されたら、店の側が難儀するから

なんや。

 

なお、20歳未満でも結婚したやつは、私法上は

成年者扱いになるで。

 

つまり、単独でした法律行為も取消されへんということやな。

 

これは所帯持った以上、一人前として扱おうということや。

 

 

宅建試験合格に必要な学習時間を短縮する方法

 

 

 

行為能力とは

 

行為能力とは、単独で完全に有効な法律行為をなし得る能力のことや。

 

たとえば行為能力のある者が不動産の売買契約を

結んだとするやろ。

 

そしたら、その契約は完全に有効なわけやから取消すことは

できへんねん。

 

この行為能力が制限される者の代表例は未成年者やな。

 

未成年者には行為能力がないから、単独でした法律行為は

原則として取消すことができるんや。

 

 

宅建試験合格に必要な学習時間を短縮する方法