月別アーカイブ: 2012年1月

宅建は役に立つ資格ですか?

Q.宅建は本当に役に立つ資格ですか?
知人に宅建の勉強をしようと思っているという話をしたら「宅建なんか役に立たないからやめておけ。」と言われのですが、実際のところは、どうなのでしょうか?
A.私個人としては宅建は、かなり役に立つ資格だと考えています。
理由は次の3つです。
1.就職に際して非常に有利に働く。
宅建業者のみならず、他の一般企業においても宅建資格を保有していることは、プラスの要因として働きます。
どのような企業であっても取引を行う以上、法律知識のある人材に対しての需要は当然あるからです。
2.独立も可能である。
宅建業者としての独立も充分、可能です。
顧客単価も高いので、たとえば行政書士などで独立するよりはよほど成功する可能性は高いでしょう。
3.学んだことが実生活でも役に立つ。
不動産や法律に関する知識は、たとえば住宅を購入する時など実生活でも必ず役に立つ場面があります。
少し考えても、これだけのメリットがあるのですから宅建は役に立つ資格と断言して差し支えないと思います。

 

 

宅建過去問強制インストールの販売を開始致しました。

宅建試験対策としての過去問学習の効率化を
徹底的に図るための音声教材
「宅建過去問強制インストール」の
2012年版の販売を本日、開始致しました。

 

昨年度宅建試験においても多くの受験生を
合格に導いた効果実証済みの教材ですので
2012年度、宅建試験の絶対合格を期される方
には、是非、ご利用頂きたいと思います。

 
「宅建過去問強制インストール」

http://www.takken-get.net/kinstall0

 

あなたのご参加を心よりお待ちしています。

 

 

 

宅建講座に通う方が合格しやすいですか?

Q.宅建講座に通う方が合格しやすいのですか?

A.一概にそうは言えないと思います。
理由は以下の二つです。
1.一言に宅建講座といっても、その質には相当な差があるから。
私が知る限りでもこんな講座なら独学の方がよほどマシなのではと思えるような講座もありますので。
2.基礎学力が高い人にとっては、学習効率が下がる可能性が高いから。
宅建講座では、基礎学力が高い人であればテキストを読めばわかるような内容のことも「わからない。」ことを前提に説明がなされます。
そのため基礎学力が高い人にとっては、不要と思われる解説がどうしても多くなり学習効率が下がる可能性が高いのです。

 

 

 

マンション管理士登録を消除しました。

一昨日、マンション管理士の登録消除の申請が
受理された旨の通知が来ました。

 

全く、使うあてもないのに、講習を受けるのが
面倒だったので、思い切って消除申請した
わけです。

 

マンション管理士の講座のオファーはあるかも
しれませんが、試験に合格していれば、登録
していなくても授業はできますからね。

 

思いがけず、気分はスッキリしてます。

 

もっとはやく消除申請すれば良かったなあという
感じですね。
そうだ、この勢いでCFPの更新もしないでおこうかな。

 

更新のための単位取得も面倒ですし、1級FP技能士資格
があったら、別に仕事上は困らないですからね。
ちょっと真剣に考えてみまーす。(笑)

 

 

宅建のテキストの選び方

宅建のテキストを選ぶ際に注意すべき事項は以下の通りです。

 
1.ボリュームは適正か。
宅建のテキストはボリュームが多ければよいというわけでは
ありません。
ボリュームが多いものになれば、なるほど内容をしっかりと
習熟することが困難になるからです。
できるかぎり600ページから700ページ程度のテキストを
選ぶようにして下さい。

 
2.自分にとって読む気になるものか。
レイアウトや文字の大きさなどが、自分にとって読む気になる
ものなのかということも、重要なポイントです。
読む気にならないようなテキストでは、宅建の勉強を継続する
ことが困難だからです。

 
3.索引があるか。
学習していて不明な点が出てきた場合に、すぐに調べることが
できるように、できるだけ索引が付いているものを選ぶように
して下さい。

 
現在、宅建のテキストは非常に多くのものが出版されており
その中から、良いものを選ぶのは結構、大変な作業だと
思いますが、合否に大きく影響してくることのなので
できるかぎり時間を掛けて慎重に選んで下さい。

 

 

「宅建最短合格音声講座」の受講料、本日変更です。

 

「宅建最短合格音声講座2012」の受講料が本日

午後11時をもちましていよいよ変更となります。

 

既に当講座への参加を決められている方は、是非

少しでも受講料が安い間にお申し込み頂ければと

思います。

 

「宅建最短合格音声講座2012」

http://www.takken-get.net/3onseikouza

 
それでは、あなたのご参加を心よりお待ちしています。

 

 

 

 

宅建最短合格音声講座の 受講料が明日、変更となります。

 

大変、ご好評を頂いております宅建最短合格音声講座の

受講料が明日1月23日、午後11時に変更となります。

 

「宅建最短合格音声講座2012」

 

昨年も多くの合格者を生んだ実績のある講座ですので

是非、少しでも受講料が安いうちにご参加頂ければと

思います。

 

「宅建最短合格音声講座2012」

 

あなたのご参加を心よりお待ちしています。

 

 

 

宅建に独学で合格することは可能ですか?

Q.独学で宅建試験の合格を目指している者です。
周囲の人から宅建講座に通う方がいいと、あまりによく言われるのでちょっと不安になっているのですが、一般的に言って宅建に独学で合格することは可能なのですか?

A.もちろん、充分可能です。
私も含めて多くの方が独学で宅建試験に合格していますから。
ただし、
・学生時代、あまり真面目に勉強してこなかった方や
・勉強から長い間、離れてしまっている方
については、基礎学力の不足から独学だとあまりに時間がかかりすぎることも考えられますので自分の基礎学力を冷静に判断して独学にするのか講座等を利用するのかを決めて欲しいと思います。
あまり、時間がかかり過ぎると挫折してしまうことも考えられますから。
あくまでご自身が宅建試験に合格するためには、独学と宅建講座の利用と、どちらがいいのかという視点から判断されるのが賢明だということですね。
※基礎学力とは、文章を読んで理解する力や簡単な計算ができる力などのことを指します。

 

 

 

宅建の難易度は上がったのですか?

Q.平成22年・23年の試験の結果を受けて「宅建試験の難易度が上がっている。」という指摘をされている方がたくさんいますが本当に難易度は上がっているのでしょうか?
A.宅建試験の難易度が上がっているのは、間違いない事実だと思います。
ただし、別に急激に上がったわけではありません。
あくまで徐々に上がっているということです。
2年続けて合格ラインが36点になったことで、急激に難易度が上がったような印象を受けている人が多いのかもしれませんが、問題については、これまでどおり過去問と重複する論点からの出題が多く、やるべきことを、しっかり、やれている人は全く問題なく合格しています。
そういう意味では、宅建の難易度が上がっているといっても、特に心配をしたりする必要はありません。
なお、難易度が上がったなどという話を聴くと、ついつい学習範囲を拡げたくなるかもしれませんが、そういうことをし始めると、合格が遠のくばかりになってしまいますので、充分、気を付けて下さい。

 

 

宅建は誰でも合格できる試験なのですか?

Q.宅建の合格率は、非常に低いようですが、本当に誰でも合格できる試験なのですか?
A.宅建の合格率は15%から18%で6人から7人に一人しか合格出来ない水準ですから、確かに低いと言えば低いかもしれません。
しかし、宅建試験では、充分な対策をせず、とりあえず試験を受けるだけは受けるという受験生が非常に多くなっており、合格できる可能性のある受験生だけで考えた場合の実質的な合格率は、せいぜい50%程度と決して低いものではありません。
そういう意味では、勉強方法を間違わず正しい努力をすることができれば、本当に誰でも合格できる試験であると言えると思います。
ただし、誰でも合格できるというのは、あくまで正しい努力をした場合の話であって、充分な準備をせずとも誰でも合格できるという意味ではありませんので、その点については誤解のないようにして下さい。