headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

自己契約とは

自己契約とは
本人の代理人が契約の相手方となる
ことです。

 

自己契約によってなされた契約は
原則として無効とされます。

 

これは、代理人が自分にとって
有利となる内容の契約をすることによって
本人の利益を害する可能性が
あるからです。

 

ただし、
・債務の履行(売買契約における
目的物の引渡しや代金の支払いなど)
及び
・本人があらかじめ許諾した行為
であれば、自己契約をすることが
できます。

 

契約の内容がしっかり定まった後の
債務の履行についてだけ自己契約を
認めても
本人の利益が害される心配は
ありませんし、
本人があらかじめ許諾しているので
あれば、問題ないからです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ