無権代理とは

無権代理とは
代理権を有しない者が他人を代理することです。

 

無権代理による契約は原則として無効とされます。

 

無権代理人が勝手にした契約が有効になっては、
本人としては、たまったものではないからです。

 

ただし、本人が追認すれば
契約の時に遡って有効となります。

 

無権代理人による契約を本人が自分にとって
有利なものと判断すれば追認によって有効とすることを
認めるべきだからです。