権利能力とは

 

権利能力とは権利・義務の主体となりうる能力のことや。

 

たとえば、自分(あなたのこと)も

・不動産の所有権という権利を得たり

・お金を払うという債務を負ったり

することができるやろ。

 

それは自分に権利能力があるからなんや。
法律はな、人は生まれた時から権利能力を有すると
言うてんねん。

つまり、赤ちゃんかて生まれたらその時から
権利能力があるわけや。

 

あとな、人(自然人)以外に会社なんかも
権利義務の主体になれるから覚えとき。

まあ言うて見たら、会社も法律によって人やと
認めてもうてんねん。

それで会社のことを「法人」とか言うたりするわけやな。

 

 

宅建試験合格に必要な学習時間を短縮する方法