宅建過去問平成22年第7問

民法第423条第1項は、「債権者は、自己の債権
を保全するため、債務者に属する権利を行使
することができる。
ただし、債務者の一身に専属する権利は、この
限りでない。」と定めている。
これに関する次の記述のうち、民法の規定及び
判例によれば、誤っているものはどれか。

 

1 債務者が既に自ら権利を行使しているとき
でも、債権者は、自己の債権を保全するため、
民法第423条に基づく債権者代位権を行使する
ことができる場合がある。

 

解答×債務者が既に自ら権利を行使している
ときは、債権者は、債権者代位権を行使する
ことができない。

 

2 未登記建物の買主は、売主に対する建物の
移転登記請求権を保全するため、売主に代位して、
当該建物の所有権保全登記手続を行うことが
できる場合がある。

 

解答○本肢のとおり。

 

3 建物の賃借人は、賃貸人(建物所有者)
に対し使用収益を求める債権を保全するため、
賃貸人に代位して当該建物の不法占有者に対し
当該建物を直接自己に明け渡すよう請求できる
場合がある。

 

解答○本肢のとおり

4 抵当権者は、抵当不動産の所有者に対し
当該不動産を適切に維持又は保存することを
求める請求権を保全するため、その所有者の
妨害排除請求権を代位行使して、当該不動産の
不法占有者に対しその不動産を直接自己に
明け渡すよう請求できる場合がある。

 

解答○本肢のとおり。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら