headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建過去問平成22年第5問

AはBから2,000万円を借り入れて土地
とその上の建物を購入し、Bを抵当権者として
当該土地及び建物に2,000万円を
被担保債権とする抵当権を設定し、登記した。
この場合における次の記述のうち、民法の規定
及び判例によれば、誤っているのはどれか。

 

1 AがBとは別にCから500万円を
借り入れていた場合、Bとの抵当権設定契約が
Cとの抵当権設定契約より先であっても、Cを
抵当権者とする抵当権設定登記の方がBを
抵当権者とする抵当権設定登記より先で
あるときには、Cを抵当権者とする抵当権が
第1順位となる。

 

解答○同一の不動産について数個の抵当権が
設定されたときは、その抵当権の順位は、登記
の前後による。

 

2 当該建物に火災保険が付されていて、
当該建物が火災によって焼失してしまった場合、
Bの抵当権は、その火災保険契約に基づく
損害保険金請求権に対しても行使することが
できる。

 

解答○抵当権は、その目的物の売却、賃貸、
滅失又は損傷によって債務者が受けるべき金銭
その他の物に対しても、行使することができる。

 

3 Bの抵当権設定登記後にAがDに対して
当該建物を賃貸し、当該建物をDが使用
している状態で抵当権が実行され当該建物が
競売された場合、Dは競落人に対して直ちに
当該建物を明け渡す必要がない。

 

解答○抵当権者に対抗することができない
賃貸借により抵当権の目的である建物の使用
又は収益をする者であって競売手続の開始前
から使用又は収益をする者は、その建物の
競売における買受人の買受けの時から6ヶ月
を経過するまでは、その建物を買受人に
引き渡すことを要しない。

 

4 AがBとは別に事業資金としてEから
500万円を借り入れる場合、当該土地及び
建物の購入代金が2,000万円であった
ときには、Bに対して500万円以上の返済を
した後でなければ、当該土地及び建物に
Eのために2番抵当権を設定することは
できない。

 

解答×本肢のような制限はない。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ