headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建過去問平成22年第49問

土地に関する次の記述のうち、不適当なものは
どれか。

 

1 地すべり地の多くは、地すべり地形と
呼ばれる独特の地形を呈し、棚田などの水田
として利用されることがある。

 

解答○本肢のとおり。

 

2 谷出口に広がる扇状地は、地盤は堅固で
ないが、土石流災害に対して安全であることが
多い。

 

解答×地盤としては安定しているが土石流災害
に対して安全とはいえない。

3 土石流は、流域内で豪雨に伴う斜面崩壊の
危険性が大きい場所に起こりやすい。

 

解答○本肢のとおり。

4 断層地形は、直線状の谷など、地形の急変
する地点が連続して存在するといった特徴が
見られることが多い。

 

解答○本肢のとおり。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ