headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建過去問平成22年第26問

宅地建物取引業の免許(以下この問において
「免許」という。)に関する次の記述のうち
正しいものはどれか。

 

1 農地所有者が、その所有する農地を宅地
に転用して売却しようとするときに、
その販売代理の依頼を受ける農業協同組合は、
これを業として営む場合であっても、免許を
必要としない。

 

解答×農業協同組合が宅建業を営む場合、
免許が必要である。

2 他人の所有する複数の建物を借り上げ、
その建物を自ら貸主として不特定多数の者に
反復継続して転貸する場合は、免許が必要に
なるが、自ら所有する建物を貸借する場合は、
免許を必要としない。

 

解答×他人の所有する複数の建物を借り上げ、
その建物を自ら貸主として不特定多数の者に
反復継続して転貸する場合、免許を必要と
しない。
後段は正しい。

3 破産管財人が、破産財団の換価のために
自ら売主となり、宅地又は建物の売却を
反復継続して行う場合において、その媒介を
業として営む者は、免許を必要としない。

 

解答×当然、宅建業の免許が必要である。

4 信託業法第3条の免許を受けた信託会社
が宅地建物取引業を営もうとする場合、免許
を取得する必要はないが、その旨を
国土交通大臣に届け出ることが必要である。

 

解答○本肢のとおり。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ