headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建過去問平成22年第24問

不動産取得税に関する次の記述のうち、正しい
ものはどれか。

 

1 生計を一にする親族から不動産を
取得した場合、不動産取得税は課されない。

 

解答×課税される。
相続(包括遺贈及び被相続人から相続人に
対してなされた遺贈を含む。)による不動産の
取得については不動産取得税は課されない。

 

2 交換により不動産を取得した場合、
不動産取得税は課されない。

 

解答×課税される。
ちなみに贈与による取得でも不動産取得税は
課税される。

 

3 法人が合併により不動産を取得した場合、
不動産取得税は課されない。

 

解答○本肢のとおり。

 

4 販売用に中古住宅を取得した場合、
不動産取得税は課されない。

 

解答×当然、課税される。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ