headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建過去問平成22年第10問

遺言に関する次の記述のうち、民法の規定に
よれば、正しいものはどれか。

 

1 自筆証書遺言は、その内容をワープロ等
で印字していても、日付と氏名を自書し、
押印すれば、有効な遺言となる。

 

解答×「自筆証書によって遺言をするには、
遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、
これに印を押さなければならない。」と
される。

 

2 疾病によって死亡の危急に迫った者が
遺言をする場合には、代理人が2名以上の
証人と一緒に公証人役場に行けば、
公正証書遺言を有効に作成することができる。

 

解答×公正証書遺言では「遺言者が遺言の
趣旨を公証人に口授すること。」が要件と
されている。
したがって代理人によって公正証書遺言を
有効に作成することはできない。

 

3 未成年であっても、15歳に達した者は、
有効に遺言をすることができる。

 

解答○本肢のとおり。

 

4 夫婦又は血縁関係がある者は、同一の
証書で有効に遺言をすることができる。

 

解答×遺言は、二人以上の者が同一の証書で
することができない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ