headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建過去問平成20年第24問

農地法 (以下この問において 「法」 という。) に
関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

 

1 現況は農地であるが、土地登記簿上の地目が
原野である市街化調整区域内の土地を駐車場に
するために取得する場合は法第5条第1項の許可を
受ける必要はない。

 

解答×現況が農地であれば農地である。
したがって農地法5条1項の許可が必要となる。

 

2 建設業者が、農地に復元して返還する条件で、
市街化調整区域内の農地を一時的に資材置場
として借りる場合は、法第5条第1項の許可を
受ける必要がある。

 

解答○建設業者が、農地に復元して返還する条件で、
市街化調整区域内の農地を一時的に資材置場として
借りる場合は、農地法の許可が不要になる例外規定
に該当しないので法第5条第1項の許可を受ける
必要がある。

 

3 市街化調整区域内の農地を宅地に転用する場合
は、あらかじめ農業委員会へ届出をすれば、
法第4条第1項の許可を受ける必要はない。

 

解答×市街化区域内の農地を宅地に転用する場合は、
あらかじめ農業委員会へ届出をすれば、
法第4条第1項の許可を受ける必要はない。
市街化調整区域内についてはこのような規定はない。

 

4 市街化区域内の4ヘクタール以下の農地を
住宅建設のために取得する場合は、法第5条第1項
により農業委員会の許可を受ける必要がある。

 

解答×市街化区域内の農地の転用目的の権利移動は
あらかじめ農業委員会へ届出をすればよい。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ