headertop

宅建受験生必読のレポート「宅建試験短期合格のための4つの絶対ルール」
無料プレゼントしています。
これまで2000人以上の宅建受験生を合格に導いてきた当サイト運営者松村の考える
宅建試験短期合格を目指す上で最も重要な事項を明かした内容となっていますので
来年度、宅建試験に絶対合格したい!という方は、是非ともお読み下さい。
無料レポートは今すぐコチラから入手することができます!!

宅建過去問平成20年第23問

土地区画整理法における仮換地指定に関する次の
記述のうち、誤っているものはどれか。

 

1 土地区画整理事業の施行者である
土地区画整理組合が、施行地区内の宅地について
仮換地を指定する場合、あらかじめ
土地区画整理審議会の意見を聴かなければ
ならない。

 

解答×土地区画整理事業の施行者である
土地区画整理組合が、施行地区内の宅地について
仮換地を指定する場合、あらかじめ総会若しくは
その部会又は総代会の同意を得なければならない。
ちなみに都道府県又は市町村等が施工者の場合
には土地区画整理審議会の意見を聞く必要が
ある。

 

2 土地区画整理事業の施行者は、仮換地を指定
した場合において、必要があると認めるときは、
仮清算金を徴収し、又は交付することができる。

 

解答○土地区画整理法102条1項より正しい。

 

3 仮換地が指定された場合においては、従前の
宅地について権原に基づき使用し、又は収益する
ことができる者は、仮換地の指定の効力発生の日
から換地処分の公告がある日まで、仮換地に
ついて、従前の宅地について有する権利の内容で
ある使用又は収益と同じ使用又は収益をすること
ができる。

 

解答○土地区画整理法99条1項より正しい。

 

4 仮換地の指定を受けた場合、その処分により
使用し、又は収益することができる者の
なくなった従前の宅地は、当該処分により
当該宅地を使用し、又は収益することができる者
のなくなった時から、換地処分の公告がある日
までは、施行者が管理するものとされている。

 

解答○土地区画整理法100条2項より正しい。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ