平成14年第1問       AがBの欺罔行為によって、A所有の建物を Cに売却する契約をした場合に関する次の 記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 誤っているものはどれか。  ・・・