「取消し」タグの記事一覧

2013年2月15日の一問

本日の1問

平成14年第1問       AがBの欺罔行為によって、A所有の建物を Cに売却する契約をした場合に関する次の 記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 誤っているものはどれか。  ・・・

取消しとは

宅建法律用語解説関西風

取消しとは ある法律行為について行為の時に遡って なかったことにする意思表示のことや。   ・制限行為能力者が単独ではできないとされている 法律行為を単独でやってしまった場合や ・詐欺や強迫によって、瑕疵ある意・・・

ページの先頭へ