取得時効」タグアーカイブ

消滅時効とは

消滅時効とは
一定期間、権利を行使しない場合に
その権利を消滅させる制度のことです。

 
具体的には
債権の場合、原則として10年間
(債権の種類によっては10年より短い
期間で消滅時効にかかります。
(短期消滅時効))
債権又は所有権以外の財産権
(用益物権など)の場合20年間
権利を行使しないことによって
消滅するものとされています。

 

消滅時効は
「法はの権利の上に眠る者を保護しない。」
という考え方が具現化したものです。

 

行使できる権利があっても
それを行使しないなら
あってもしょうがないから
消滅させてしまおうというわけですね。

 

なお、所有権については消滅時効に
かかることはありません。

 

他人に時効取得され
その反射的効果によって
所有権を失うことはありますが
それはあくまで消滅時効に
かかってたということではありませんので
誤解されませんように。

 

取得時効とは

取得時効とは
他人の物を一定期間、占有する者に
その占有を正当ならしめる権利を
取得させる制度のことです。

 

取得時効の要件は以下のとおりです。

 

1.占有の開始時に
・善意かつ無過失(自分に所有権がないことを
知らず、かつ知らないことについて過失がない。)
であった者については10年間
・悪意または有過失であった者については20年間
それぞれ所有の意思をもって、占有を継続すること。

 

2.占有が平穏、かつ、公然となされていること。
(暴力を用いたりすることなく、しかも
あたかも所有者であるかのように堂々と
占有しているということ。)

 

なお、取得時効が認められるのは
所有権だけではなく
要件さえ満たせば
賃借権や地役権なども取得することができます。