占有改定とは 代理人が自己の占有物を以後本人のために占有する 意思を表示することによって、本人に占有権を 取得させることです。   たとえば AさんがBさんに自宅を売却したが 売却後も、賃貸人をB、賃借人をAと・・・