「本日の1問」の記事一覧

2013年2月28日の一問

本日の1問

平成13年第3問       A所有の甲地は袋地で、Aが所有していない 回りの士地(囲繞地)を通る通路を 開設しなければ公道に出ることができない。 この場合、民法の規定及び判例によれば、次の・・・

2013年2月27日の一問

本日の1問

平成19年第6問       不動産の物権変動の対抗要件に関する次の記述 のうち、民法の規定及び判例によれば、誤って いるものはどれか。 なお、この問において、第三者とはいわゆる 背信的悪意・・・

2013年2月26日の一問

本日の1問

平成13年第2問       Aが、Bに住宅用地を売却した場合の錯誤に 関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に よれば、誤っているものはどれか。      ・・・

2013年2月25日の一問

本日の1問

平成14年第4問       Aは、自己所有の甲土地の一部につき、 通行目的で、隣地乙土地の便益に供する 通行地役権設定契約(地役権の付従性について 別段の定めはない。)を、乙土地所有者Bと・・・

2013年2月24日の一問

本日の1問

平成16年第3問       Aは、自己所有の建物をBに売却したが、Bは まだ所有権移転登記を行っていない。この場合、 民法の規定及び判例によれば、次の記述のうち 誤っているものはどれか。 ・・・

2013年2月23日の一問

本日の1問

平成18年第3問       Aは、Bとの間で、A所有の山林の売却について 買主のあっせんを依頼し、その売買契約が締結され 履行に至ったとき、売買代金の2%の報酬を支払う 旨の停止条件付きの・・・

2013年2月22日の一問

本日の1問

平成19年第5問       不法行為による損害賠償に関する次の記述のうち、 民法の規定及び判例によれば、誤っているものは どれか。       1 不法行為に・・・

2013年2月21日の一問

本日の1問

平成14年第2問       AがBの代理人としてCとの間で、 B所有の土地の売買契約を締結する場合に 関する次の記述のうち、民法の規定によれば、 正しいものはどれか。   &nb・・・

2013年2月20日の一問

本日の1問

平成16年第2問       B所有の土地をAがBの代理人として、Cとの 間で売買契約を締結した場合に関する次の記述 のうち、民法の規定及び判例によれば、正しい ものはどれか。  ・・・

2013年2月19日の一問

本日の1問

  平成18年第1問       次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 正しいものはどれか。       1 契約締結交渉中の一方の当事者が契・・・

ページの先頭へ