「宅建法律用語解説関西風」の記事一覧(2 / 4ページ目)

解除条件とは

宅建法律用語解説関西風

解除条件とは 法律行為の効力の消滅を将来の発生が不確定な事実の 成否にかからしむる場合のその事実のことです。   たとえば「転勤が決まったらマンションの 賃貸借契約を解除します。」 とする場合の「転勤が決まった・・・

停止条件とは

宅建法律用語解説関西風

停止条件とは 法律行為の効力の発生を将来の発生が不確定な事実の 成否にかからしむる場合のその事実のことです。     たとえば ・「大学に合格したら車を買ってあげる。」 という贈与契約の 「大学に合格・・・

法定追認とは

宅建法律用語解説関西風

法定追認とは 追認をすることができる時以後に、 取り消すことができる行為について 一定の事実があった場合に 追認をしたものとみなす 制度のことです。   一定の事実としては ・全部又は一部の履行 (売買契約の目・・・

追認とは

宅建法律用語解説関西風

追認とは 取消し得る法律行為を確定的に有効にする 意思表示のことです。   追認は、取消しの原因となっていた状況が 消滅した後にしなければ、その効力を生じない とされています。   つまり ・詐欺や強・・・

表見代理とは

宅建法律用語解説関西風

表見代理とは 無権代理人に代理権があるかのような 外観があることにつき、 本人に一定の責任が認められる場合に その代理行為を有効なものとして 取り扱う制度です。   無権代理人に代理権があるかのような 外観があ・・・

無権代理とは

宅建法律用語解説関西風

無権代理とは 代理権を有しない者が他人を代理することです。   無権代理による契約は原則として無効とされます。   無権代理人が勝手にした契約が有効になっては、 本人としては、たまったものではないから・・・

双方代理とは

宅建法律用語解説関西風

双方代理とは 同一人物が契約の 両当事者(たとえば売買契約における 売主・買主双方) の代理をすることです。   双方代理による契約は原則として 無効とされます。   双方代理を認めると 代理人が契約・・・

自己契約とは

宅建法律用語解説関西風

自己契約とは 本人の代理人が契約の相手方となる ことです。   自己契約によってなされた契約は 原則として無効とされます。   これは、代理人が自分にとって 有利となる内容の契約をすることによって 本・・・

復代理人とは

宅建法律用語解説関西風

復代理人とは 代理人が選任した本人の代理人のことです。   復代理人はあくまで 本人の代理人であって 代理人の代理人ではない 点に注意して下さい。   復代理人の代理権は 代理人の代理権に依拠するもの・・・

ページの先頭へ