「宅建法律用語解説関西風」の記事一覧

即時取得とは

宅建法律用語解説関西風

即時取得とは 無権利者との取引行為によって、 平穏に、かつ、公然と 動産の占有を始めた者は、 善意であり、かつ、過失がないときは、 即時にその動産について所有権を 取得することができるという制度 のことです。  ・・・

指図による占有移転とは

宅建法律用語解説関西風

  指図による占有移転とは 代理人によって占有をする場合において、 本人がその代理人に対して以後第三者のために その物を占有することを命じ、 その第三者がこれを承諾したときは、 その第三者は、占有権を取得するこ・・・

占有改定とは

宅建法律用語解説関西風

占有改定とは 代理人が自己の占有物を以後本人のために占有する 意思を表示することによって、本人に占有権を 取得させることです。   たとえば AさんがBさんに自宅を売却したが 売却後も、賃貸人をB、賃借人をAと・・・

代理占有とは

宅建法律用語解説関西風

代理占有とは 占有代理人の占有を通じてする 占有のことです。   たとえば物が賃借されている場合 所有者は賃借人という占有代理人を通じて 代理占有しているわけです。   なお、代理占有に対して自分で ・・・

占有権とは

宅建法律用語解説関西風

占有権とは 物を支配する権利のことです。   所有権や賃借権などの本権とは別のもので 全くの無権利者であっても 事実上、物を支配している状態にあれば 占有権を得ることができます。   つまり 泥棒など・・・

時効の中断とは

宅建法律用語解説関西風

時効の中断とは それまでの時効期間の進行がなかったことになり 振出しに戻ることです。   この時効の中断が生じる事由としては 以下のようなものがあります。 一  請求 二  差押え、仮差押え又は仮処分 三  承・・・

時効の援用とは

宅建法律用語解説関西風

時効の援用とは 時効によって利益を受けることになる者が 時効が生じていることを主張することです。   時効の効果は、 時効によって利益を受けることになる者が 「時効の援用」をすることによって 初めて効果が生じる・・・

消滅時効とは

宅建法律用語解説関西風

消滅時効とは 一定期間、権利を行使しない場合に その権利を消滅させる制度のことです。   具体的には 債権の場合、原則として10年間 (債権の種類によっては10年より短い 期間で消滅時効にかかります。 (短期消・・・

取得時効とは

宅建法律用語解説関西風

取得時効とは 他人の物を一定期間、占有する者に その占有を正当ならしめる権利を 取得させる制度のことです。   取得時効の要件は以下のとおりです。   1.占有の開始時に ・善意かつ無過失(自分に所有・・・

期限とは

宅建法律用語解説関西風

期限とは 法律行為の効力の発生・消滅等を将来の発生が 「確実な事実」の発生にかからしむる場合の その事実のことです。   先に学習した条件は 法律行為の効力の発生・消滅を将来の発生が 「不確定な事実」の成否にか・・・

ページの先頭へ