宅建法律用語解説関西風」カテゴリーアーカイブ

即時取得とは

即時取得とは
無権利者との取引行為によって、
平穏に、かつ、公然と
動産の占有を始めた者は、
善意であり、かつ、過失がないときは、
即時にその動産について所有権を
取得することができるという制度
のことです。

 

即時取得は
時効取得とは違って
動産だけについて認められるものであって
不動産については認めらないという
ことに注意して下さい。

 

なお、即時取得によって
得ることができる権利には
所有権以外に質権があります。

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の登録はこちらから。

指図による占有移転とは

 

指図による占有移転とは
代理人によって占有をする場合において、
本人がその代理人に対して以後第三者のために
その物を占有することを命じ、
その第三者がこれを承諾したときは、
その第三者は、占有権を取得することになるという
占有の移転方法のことです。

 

 

たとえば
AさんがCさんに貸している
(Cさんが占有しているということ)不動産を
Cさんに貸したまま、Bさんに売却する場合に
AさんがCさんに対して
「以後Bさんのために不動産を占有して下さい。」
と命じ、
Bさんがこれを承諾した時は
Bさんは占有を取得することになるなるわけですね。

 

 

なお、この場合のBさんの占有は
Cさんを通じてなされるものですので
代理占有ということになります。

 

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の登録はこちらから。

(左上部に登録フォームがあります。)

 

 

占有改定とは

占有改定とは
代理人が自己の占有物を以後本人のために占有する
意思を表示することによって、本人に占有権を
取得させることです。

 

たとえば
AさんがBさんに自宅を売却したが
売却後も、賃貸人をB、賃借人をAとする
賃貸借契約を締結し居住し続ける場合に
Aさんが
「以後は本人Bのために占有する。」と
意思表示をすればBは代理占有という形で
占有権を取得することになるわけです。

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の登録はこちらから。

(左上部に登録フォームがあります。)

 

 

代理占有とは

代理占有とは
占有代理人の占有を通じてする
占有のことです。

 

たとえば物が賃借されている場合
所有者は賃借人という占有代理人を通じて
代理占有しているわけです。

 

なお、代理占有に対して自分で
直接にする占有のことを
自己占有といいます。

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の登録はこちらから。

(左上部に登録フォームがあります。)

 

 

占有権とは

占有権とは
物を支配する権利のことです。

 

所有権や賃借権などの本権とは別のもので
全くの無権利者であっても
事実上、物を支配している状態にあれば
占有権を得ることができます。

 

つまり
泥棒などの無権利者であっても
事実上、その物を支配していれば
占有権があるということですね。

 

 

一問一答式過去問で宅建試験合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の無料登録はこちらから。

 

時効の中断とは

時効の中断とは
それまでの時効期間の進行がなかったことになり
振出しに戻ることです。

 

この時効の中断が生じる事由としては
以下のようなものがあります。

一  請求
二  差押え、仮差押え又は仮処分
三  承認

 

また、これら以外に
取得時効特有の中断事由として
「占有者が任意にその占有を中止し、又は
他人によってその占有を奪われたとき」
というものがあります。

 

取得時効については「占有の継続」が
成立要件となるため
占有を失うことが中断事由に
なるわけですね。

 

なお、いったん、中断した時効も
その中断の事由が終了した時から
新たにその進行を始めるものとされています。

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試験合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の無料登録はこちらから。

 

時効の援用とは

時効の援用とは
時効によって利益を受けることになる者が
時効が生じていることを主張することです。

 

時効の効果は、
時効によって利益を受けることになる者が
「時効の援用」をすることによって
初めて効果が生じるものとされています。

 

時効の制度には
本来は権利を持たなかった者が権利を得たり
(取得時効)
本来は債務を負っていた者が債務を免れたり
(消滅時効)
ある意味、不道徳なところがあるため
その利益を享受するか否かを
時効によって利益を受けることになる者自身
に判断させようということです。

 

そのため本人が時効を援用しない限り
裁判所もこれによって裁判をすることが
できないとされています。

 

 

一問一答式過去問で宅建試験合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の無料登録はこちらから。

 

 

消滅時効とは

消滅時効とは
一定期間、権利を行使しない場合に
その権利を消滅させる制度のことです。

 
具体的には
債権の場合、原則として10年間
(債権の種類によっては10年より短い
期間で消滅時効にかかります。
(短期消滅時効))
債権又は所有権以外の財産権
(用益物権など)の場合20年間
権利を行使しないことによって
消滅するものとされています。

 

消滅時効は
「法はの権利の上に眠る者を保護しない。」
という考え方が具現化したものです。

 

行使できる権利があっても
それを行使しないなら
あってもしょうがないから
消滅させてしまおうというわけですね。

 

なお、所有権については消滅時効に
かかることはありません。

 

他人に時効取得され
その反射的効果によって
所有権を失うことはありますが
それはあくまで消滅時効に
かかってたということではありませんので
誤解されませんように。

 

取得時効とは

取得時効とは
他人の物を一定期間、占有する者に
その占有を正当ならしめる権利を
取得させる制度のことです。

 

取得時効の要件は以下のとおりです。

 

1.占有の開始時に
・善意かつ無過失(自分に所有権がないことを
知らず、かつ知らないことについて過失がない。)
であった者については10年間
・悪意または有過失であった者については20年間
それぞれ所有の意思をもって、占有を継続すること。

 

2.占有が平穏、かつ、公然となされていること。
(暴力を用いたりすることなく、しかも
あたかも所有者であるかのように堂々と
占有しているということ。)

 

なお、取得時効が認められるのは
所有権だけではなく
要件さえ満たせば
賃借権や地役権なども取得することができます。

 

期限とは

期限とは
法律行為の効力の発生・消滅等を将来の発生が
「確実な事実」の発生にかからしむる場合の
その事実のことです。

 

先に学習した条件は
法律行為の効力の発生・消滅を将来の発生が
「不確定な事実」の成否にかからしむる場合の
その事実のことでしたね。

 

その違いをしっかり押さえておきましょう。

 

期限のうち
その到来の時期が明確なもののことを
確定期限と言います。

 

たとえば
「平成25年の6月1日になったら、あなたに
この車をプレゼントしましょう。」という
贈与契約の
「平成25年の6月1日になったら」というのは
その到来の時期が明確なので
確定期限ということになります。

 

これに対して
期限のうち
その到来の時期が不明確なもののことを
不確定期限と言います。

 

たとえば
「私が死んだら、あなたに
この車をプレゼントしましょう。」という
贈与契約の
「私が死んだら」というのは
その到来の時期が不明確なので
不確定期限ということになります。

 

(人間の死というのは誰にとっても
必ず訪れるものなので条件ではなく
期限ということになります。)

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試験に合格するための基礎学力を
身に付けられる無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の
無料登録はこちらから。