「2013年2月」の記事一覧(2 / 3ページ目)

2013年2月18日の一問

本日の1問

  平成16年第1問       A所有の土地につき、AとBとの間で売買契約を 締結し、Bが当該土地につき第三者との間で 売買契約を締結していない場合に関する次の記述 のうち、民法・・・

2013年2月17日の一問

本日の1問

  平成15年第2問       Aは、Bとの間で、B所有の不動産を購入する 売買契約を締結した。ただし、AがA所有の 不動産を平成15年12月末日までに売却でき、 その代金全額を・・・

2013年2月16日の一問

本日の1問

平成17年第2問       AがBに対し土地の売却の意思表示をしたが、 その意思表示は錯誤によるものであった。 この場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例 によれば、正しいものはどれか。・・・

2013年2月15日の一問

本日の1問

平成14年第1問       AがBの欺罔行為によって、A所有の建物を Cに売却する契約をした場合に関する次の 記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 誤っているものはどれか。  ・・・

2013年2月14日の1問

本日の1問

平成13年第1問       A・B・Cが、持分を6・2・2の割合とする 建物を共有している場合に関する次の記述の うち、民法の規定及び判例によれば、正しい ものはどれか。   &・・・

即時取得とは

宅建法律用語解説関西風

即時取得とは 無権利者との取引行為によって、 平穏に、かつ、公然と 動産の占有を始めた者は、 善意であり、かつ、過失がないときは、 即時にその動産について所有権を 取得することができるという制度 のことです。  ・・・

指図による占有移転とは

宅建法律用語解説関西風

  指図による占有移転とは 代理人によって占有をする場合において、 本人がその代理人に対して以後第三者のために その物を占有することを命じ、 その第三者がこれを承諾したときは、 その第三者は、占有権を取得するこ・・・

占有改定とは

宅建法律用語解説関西風

占有改定とは 代理人が自己の占有物を以後本人のために占有する 意思を表示することによって、本人に占有権を 取得させることです。   たとえば AさんがBさんに自宅を売却したが 売却後も、賃貸人をB、賃借人をAと・・・

代理占有とは

宅建法律用語解説関西風

代理占有とは 占有代理人の占有を通じてする 占有のことです。   たとえば物が賃借されている場合 所有者は賃借人という占有代理人を通じて 代理占有しているわけです。   なお、代理占有に対して自分で ・・・

ページの先頭へ