平成13年第2問

 

 

 

Aが、Bに住宅用地を売却した場合の錯誤に
関する次の記述のうち、民法の規定及び判例に
よれば、誤っているものはどれか。

 

 

 

1 Bが、Aや媒介業者の説明をよく聞き、
自分でもよく調べて、これなら住宅が
建てられると信じて買ったが、地下に
予見できない空洞(古い防空壕)があり、
建築するためには著しく巨額の費用が必要で
あることが判明した場合、Bは、売買契約は
錯誤によって無効であると主張できる。

 

 

 

解答○
本肢のBは「媒介業者の説明をよく聞き、
自分でもよく調べて」購入していることから
重大な過失なく、要素の錯誤に陥っている
といえる。
よって錯誤無効の主張は可能である。

 

 

 

2 売買契約に要素の錯誤があった場合は、
Bに代金を貸し付けたCは、Bがその錯誤を
認めず、無効を主張する意思がないときでも、
Aに対し、Bに代位して、無効を主張する
ことができる。

 

 

 

解答×
第三者が表意者に代わって錯誤無効を主張
するためには、債権の保全のために必要である
ことと、表意者自身が要素の錯誤を認めている
ことが必要である。
本肢では表意者が錯誤無効を認めていないから、
第三者が錯誤無効を主張することはできない。

 

 

 

3 Aが、今なら課税されないと信じていたが、
これをBに話さないで売却した場合、後に課税
されたとしても、Aは、この売買契約が錯誤に
よって無効であるとはいえない。

 

 

 

解答○
動機の錯誤は表示されない限り、要素の錯誤
とはならない。
よって本肢のAは錯誤無効の主張ができない。

 

 

 

4 Bは、代金をローンで支払うと定めて契約
したが、Bの重大な過失によりローン融資を
受けることができない場合、Bは、錯誤に
よる売買契約の無効を主張することはできない。

 

 

 

解答○
表意者に重大な過失があるケースなので
錯誤無効の主張はできない。

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の登録はこちらから。

(左上部に登録フォームがあります。)