平成16年第1問

 

 

 

A所有の土地につき、AとBとの間で売買契約を
締結し、Bが当該土地につき第三者との間で
売買契約を締結していない場合に関する次の記述
のうち、民法の規定によれば、正しいものは
どれか。

 

 

 

1 Aの売渡し申込みの意思は真意ではなく、
BもAの意思が真意ではないことを知っていた
場合、AとBとの意思は合致しているので、
売買契約は有効である。

 

 

 

解答×心裡留保は原則有効だが、意思表示の
相手方が悪意か過失がある場合には無効と
なります。
本肢ではBが悪意であるから無効となります。

 

 

 

2 Aが、強制執行を逃れるために、実際には
売り渡す意思はないのにBと通謀して売買契約の
締結をしたかのように装った場合、売買契約は
無効である。

 

 

 

解答○本肢は通謀虚偽表示に該当するので無効
である。

 

 

 

3 Aが、Cの詐欺によってBとの間で
売買契約を締結した場合、Cの詐欺をBが
知っているか否かにかかわらずAは売買契約を
取り消すことはできない。

 

 

 

解答×民法96条によると「相手方に対する
意思表示について第三者が詐欺を行った場合に
おいては、相手方がその事実を知っていたとき
に限り、その意思表示を取り消すことが
できる。 」とされる。
したがって「Cの詐欺をBが知っているか
否かにかかわらずAは売買契約を取り消す
ことはできない。」というのは誤り。

 

 

 

4 Aが、Cの強迫によってBとの間で
売買契約を締結した場合、Cの強迫をBが
知らなければ、Aは売買契約を取り消すこと
ができない。

 

 

 

解答×民法96条2項の反対解釈として第三者が
強迫を行った場合においては、相手方が
その事実を知っていたか、否かにかかわらず、
その意思表示を取り消すことができるとされる。

 

 

 

「松村のワンポイントレッスン」

 

 

ここでは知識が曖昧になりやすい心裡留保に
ついて確認しておきたいと思います。

 

 

1.心裡留保の定義

表意者がその真意ではないことを知って
意思表示すること。
つまり冗談を言うことですね。
(売る気もないのに「売る。」と言うなど。)

 

 

2.心裡留保の効果

原則 有効
契約の相手方を保護するために不要な冗談を
言った表意者に責任をとらせるわけです。

例外 相手方が表意者の真意を知り、又は
知ることができたときは、無効
このような場合、相手方を保護する必要性が
なくなるからです。

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の登録はこちらから。