平成17年第2問

 

 

 

AがBに対し土地の売却の意思表示をしたが、
その意思表示は錯誤によるものであった。
この場合、次の記述のうち、民法の規定及び判例
によれば、正しいものはどれか。

 

 

 

1 錯誤が、売却の意思表示の内容の重要な部分
に関するものであり、法律行為の要素の錯誤と
認められる場合であっても、この売却の意思表示
が無効となることはない。

 

 

 

解答×法律行為の要素の錯誤と認められる場合、
売却の意思表示は無効となる。

 

 

 

2 錯誤が、売却の意思表示をなすについての
動機に関するものであり、それを当該意思表示の
内容としてAがBに対して表示した場合で
あっても、この売却の意思表示が無効となること
はない。

 

 

 

解答×動機の錯誤は相手方にその動機が
表示されていれば錯誤が成立することがある。
よって売却の意思表示が無効となることもある。

 

 

 

3 錯誤を理由としてこの売却の意思表示が無効
となる場合、意思表示者であるAに重い過失が
あるときは、Aは自らその無効を主張することが
できない。

 

 

 

解答○民法95条但書より正しい。

 

 

 

4 錯誤を理由としてこの売却の意思表示が無効
となる場合、意思表示者であるAがその錯誤を
認めていないときは、Bはこの売却の意思表示の
無効を主張できる。

 

 

 

解答×錯誤による無効を主張できるのは
原則として錯誤による意思表示をした本人のみで
ある。

 

 

 

「松村のワンポイントレッスン」

 

 

「法律行為の要素」とは意思表示の内容の重要な
部分のことを言います。

 

 

たとえば売買契約であれば
・契約の相手方
・契約の目的物
・契約の価格
などが「法律行為の要素」となるわけです。

 

 

これに対して動機は、必ずしも意思表示の
内容として必要なものではなく原則として、
「法律行為の要素」にはなりません。

 

 

したがって、原則として動機に錯誤があっても
表意者が錯誤無効の主張をすることはできない
とされています。

 

 

しかし、契約に際して動機が相手方に示されていて
相手方がその動機が満たされないことがわかりつつ、
何も言わず、契約をしてしまうようなことが
あれば、(たとえば表意者が近くに駅ができるから
土地を買うのだと告げているのに、売主が駅が
できるというのはデマであることを知っていながら
黙って土地を売ってしまう場合など)
表意者があまりにもかわいそうですよね。

 

 

そこで動機の錯誤の場合にも相手方にその動機が
表示されていれば錯誤が成立するものと
されているのです。

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の登録はこちらから。