宅地建物取引業者Aが自ら売主として、買主Bとの
間で締結した売買契約に関して行う次に記述する
行為のうち宅地建物取引業法 (以下この問において
「法」 という。) の規定に違反するものは
どれか。

 

1 Aは、宅地建物取引業者でないBとの間で
建築工事完了前の建物を5,000万円で販売する
契約を締結し、法第41条に規定する手付金等の
保全措置を講じずに、200万円を手付金として
受領した。

 

解答 違反しない。
手付金の金額が代金額の5%以下かつ1000万円以下
なので保全措置は不要である。

 

2 Aは、宅地建物取引業者でないBとの間で
建築工事が完了した建物を5,000万円で販売する
契約を締結し、法第41条の2に規定する手付金等の
保全措置を講じずに、当該建物の引渡し前に
700万円を手付金として受領した。

 

解答 違反する。
手付金の金額が、1000万円以下ではあるが、代金額の
10%を超えているので保全措置は必要である。

 

3 Aは、宅地建物取引業者でないBとの間で
建築工事完了前の建物を1億円で販売する契約を
締結し、法第41条に規定する手付金等の保全措置を
講じた上で、1,500万円を手付金として受領した。

 

解答 違反しない。
保全措置を講じているので代金額の5%、あるいは
1000万円を超えてもよい。
また買主は「宅地建物取引業者でないB」だが、
手付金の金額は、代金の額の10分の2以下なので
宅建業法39条1項にも触れない。

 

4 Aは、宅地建物取引業者であるBとの間で
建築工事が完了した建物を1億円で販売する契約を
締結し、法第41条の2に規定する手付金等の
保全措置を講じずに、当該建物の引渡し前に
2,500万円を手付金として受領した。

 

解答 違反しない。
買主が宅建業者なので問題ない。

 

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら