不動産の登記に関する次の記述のうち、
不動産登記法の規定によれば、誤っている
ものはどれか。

 

1 表題部所有者であるAから土地を
買い受けたBは、Aと共同してBを登記名義人
とする所有権の保存の登記の申請をすることが
できる。

 

解答×表題部所有者から土地を買い受けたBは
特定承継人であり、所有権保存登記を申請する
ことができない。
なお、所有権保存登記は単独申請である。

 

2 共有物分割禁止の定めに係る権利の変更の
登記の申請は、当該権利の共有者であるすべて
の登記名義人が共同してしなければならない。

 

解答○条文どおり。

 

3 権利が法人の解散によって消滅する旨の
登記がされている場合において、当該権利が
その法人の解散によって消滅したときは
登記権利者は、単独で当該権利に係る権利に
関する登記の抹消を申請することができる。

 

解答○本肢のとおり。共同申請主義の例外で
ある。

 

4 遺贈を登記原因とする所有権の移転の
登記は、遺言執行者が指定されているか否か
にかかわらず、登記権利者及び登記義務者が
共同してしなければならない。

 

解答○登記原因が遺贈の場合も原則どおり
共同申請となる。

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法