農地法に開する次の記述のうち、正しいものは
どれか。

 

1 現況は農地であるが、土地登記簿上の地目が
「山林」である土地を住宅建設の目的で取得する
場合には、農地法第5条の許可を要しない。

 

解答×現況が農地であれば農地と判断される。
したがって農地法上の許可が必要である。

 

2 農地法第3条又は第5条の許可を要する農地
の権利移転について、これらの許可を受けない
でした行為は、その効力を生じない。

 

解答○本肢のとおり。

 

3 市街化区域内の農地を耕作目的で取得する
場合には、あらかじめ農業委員会に届け出れば、
農地法第3条の許可を要しない。

 

解答×農地法第3条の許可が必要である。
市街化区域内の農地について、本来、農地法4条や
5条の許可が必要になる行為について、あらかじめ
農業委員会に届け出れば許可不要とされる。
農地法4条や5条の許可が必要になる行為には転用
が含まれるため、市街化区域では望ましいからで
ある。
農地法第3条の許可が必要な行為には転用が
含まれず、このような特例は適用されない。

 

4 農地法第4条の許可を受けた農地について、
転用工事に着手する前に同一の転用目的で第三者
にその所有権を移転する場合には、改めて
農地法第5条の許可を要しない。

 

解答×改めて農地法第5条の許可を受ける必要が
ある。

 

一問一答式の宅建過去問であなたの宅建合格力を

自然にアップする無料メールマガジンへの登録はこちら