Q.宅建を持っていると給料は上がるものなのですか?
A.宅建業者に勤務していることを前提にすれば、確かにかなり高い確率で給料は、増えます。

ほとんどの宅建業者では、宅建資格を保有している者に対して、宅地建物取引主任者手当を支給しているからです。
宅地建物取引主任者手当の金額は5000円から3万円ぐらいの間が一般的で平均すると2万円ぐらいになるものと思われます。
ちなみに一般的には大手の宅建業者に比べて中小の宅建業者の方が宅地建物取引主任者手当は多いです。
これは中小の宅建業者の方が宅地建物取引主任者が不足することが多いためですね。
また、宅建を保有していると店長等に登用されることも多く、その意味でも給料は上がりやすいと言えます。
なお、一般の企業では、宅建を持っていることで手当が出るということはまずなく、資格取得を奨励してる場合でも、祝い金のような一時金が出て終わりということが多いようです。
ただし、人事考課に多少の影響はあるでしょうから、長い目で見ると少なからず給料を引き上げる効果があると言えるかもしれません。