宅建の受験資格については、特に制限が設けられていません。
つまり、年齢・学歴・国籍等に関係なく、誰でも受験できるということです。
この点については、他の法律系の国家資格から比べると随分とオープンな資格ということが言えるでしょう。
ただし、宅建資格取得後、宅地建物取引主任者となるには試験を実施した知事の登録を受ける必要があり、この登録に際しては、登録基準が設けられていますので注意して下さい。