宅建のテキストを選ぶ際に注意すべき事項は以下の通りです。

 
1.ボリュームは適正か。
宅建のテキストはボリュームが多ければよいというわけでは
ありません。
ボリュームが多いものになれば、なるほど内容をしっかりと
習熟することが困難になるからです。
できるかぎり600ページから700ページ程度のテキストを
選ぶようにして下さい。

 
2.自分にとって読む気になるものか。
レイアウトや文字の大きさなどが、自分にとって読む気になる
ものなのかということも、重要なポイントです。
読む気にならないようなテキストでは、宅建の勉強を継続する
ことが困難だからです。

 
3.索引があるか。
学習していて不明な点が出てきた場合に、すぐに調べることが
できるように、できるだけ索引が付いているものを選ぶように
して下さい。

 
現在、宅建のテキストは非常に多くのものが出版されており
その中から、良いものを選ぶのは結構、大変な作業だと
思いますが、合否に大きく影響してくることのなので
できるかぎり時間を掛けて慎重に選んで下さい。