指図による占有移転とは
代理人によって占有をする場合において、
本人がその代理人に対して以後第三者のために
その物を占有することを命じ、
その第三者がこれを承諾したときは、
その第三者は、占有権を取得することになるという
占有の移転方法のことです。

 

 

たとえば
AさんがCさんに貸している
(Cさんが占有しているということ)不動産を
Cさんに貸したまま、Bさんに売却する場合に
AさんがCさんに対して
「以後Bさんのために不動産を占有して下さい。」
と命じ、
Bさんがこれを承諾した時は
Bさんは占有を取得することになるなるわけですね。

 

 

なお、この場合のBさんの占有は
Cさんを通じてなされるものですので
代理占有ということになります。

 

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の登録はこちらから。

(左上部に登録フォームがあります。)