行為能力とは、単独で完全に有効な法律行為をなし得る能力のことや。

 

たとえば行為能力のある者が不動産の売買契約を

結んだとするやろ。

 

そしたら、その契約は完全に有効なわけやから取消すことは

できへんねん。

 

この行為能力が制限される者の代表例は未成年者やな。

 

未成年者には行為能力がないから、単独でした法律行為は

原則として取消すことができるんや。

 

 

宅建試験合格に必要な学習時間を短縮する方法