虚偽表示とは
意思表示の相手方と通じてなす
虚偽の意思表示のことや。

 

たとえば、ほんまは売主も買主も
その気はあれへんのに
不動産の売買契約を結んだりして
買主に所有権を移転したように
見せかけるわけや。

 

売主の債権者からの強制執行を
免れたりするために
わざわざ、こんなややこしいこと
する奴がおるねん。

 

虚偽表示によってなされた契約は
無効とされる。

 

当人たちがホンマは契約を成立させる
意思がない以上、無効とするのが
妥当やからやな。

 

ただし、虚偽表示の無効は善意の
第三者には対抗することができへん。

 

虚偽表示なんていう、いらんことを
自らやってる当事者と、
それを知らんで新たに取引関係に
入った第三者とやったら
誰が考えたって、後者の方を
保護するべきやからやな。