消滅時効とは
一定期間、権利を行使しない場合に
その権利を消滅させる制度のことです。

 
具体的には
債権の場合、原則として10年間
(債権の種類によっては10年より短い
期間で消滅時効にかかります。
(短期消滅時効))
債権又は所有権以外の財産権
(用益物権など)の場合20年間
権利を行使しないことによって
消滅するものとされています。

 

消滅時効は
「法はの権利の上に眠る者を保護しない。」
という考え方が具現化したものです。

 

行使できる権利があっても
それを行使しないなら
あってもしょうがないから
消滅させてしまおうというわけですね。

 

なお、所有権については消滅時効に
かかることはありません。

 

他人に時効取得され
その反射的効果によって
所有権を失うことはありますが
それはあくまで消滅時効に
かかってたということではありませんので
誤解されませんように。