未成年者とは満20歳未満の者のことやな。

 

満20歳未満の者は判断能力が不十分やろう、ということで

一律に行為能力を制限することにしたんや。

 

だから未成年者がお父ちゃんとか、お母ちゃんの同意を得ずに

単独でした法律行為は原則、取消すことができんねん。

 

高校生の時にバイクみたいな高価なもの買おうとしたら

店のおっちゃんに「親の同意書もらってこい。」って

言われた経験あれへん?

 

あれは、後になって契約取消されたら、店の側が難儀するから

なんや。

 

なお、20歳未満でも結婚したやつは、私法上は

成年者扱いになるで。

 

つまり、単独でした法律行為も取消されへんということやな。

 

これは所帯持った以上、一人前として扱おうということや。

 

 

宅建試験合格に必要な学習時間を短縮する方法