時効の中断とは
それまでの時効期間の進行がなかったことになり
振出しに戻ることです。

 

この時効の中断が生じる事由としては
以下のようなものがあります。

一  請求
二  差押え、仮差押え又は仮処分
三  承認

 

また、これら以外に
取得時効特有の中断事由として
「占有者が任意にその占有を中止し、又は
他人によってその占有を奪われたとき」
というものがあります。

 

取得時効については「占有の継続」が
成立要件となるため
占有を失うことが中断事由に
なるわけですね。

 

なお、いったん、中断した時効も
その中断の事由が終了した時から
新たにその進行を始めるものとされています。

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試験合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の無料登録はこちらから。