復代理人とは
代理人が選任した本人の代理人のことです。

 

復代理人はあくまで
本人の代理人であって
代理人の代理人ではない
点に注意して下さい。

 

復代理人の代理権は
代理人の代理権に依拠するものですから
代理人の代理権が消滅すれば
それに伴って消滅してしまいます。

 

また、その代理権の範囲は
代理人の代理権の範囲を
超えることはできません。

 

たとえば
代理人に
本人の所有する不動産について
賃貸借契約を締結する範囲の
代理権しかないのに
復代理人に
売買契約を締結することができる
代理権を与えることはできない
ということですね。