強迫とは
暴行や害を加える旨の告知によって恐怖を与えることによって
自由な意思決定を妨げる行為のことや。

 

強迫による意思表示は取消すことができる。

 

まあ、これは当たり前の話やな。

 

無理矢理、意思表示させられてるわけやから。

 

また、強迫による意思表示の取消は善意の第三者にも対抗する
ことができるで。

 

ここは、詐欺による取消しの場合と取り扱いの違うところやから
しっかり覚えといてや。

 

これは強迫による意思表示をした者には、通常、何の落ち度もなく
保護の必要性が高いからやな。

 

 

 

松村保誠の宅建試験最短最速合格法