双方代理とは
同一人物が契約の
両当事者(たとえば売買契約における
売主・買主双方)
の代理をすることです。

 

双方代理による契約は原則として
無効とされます。

 

双方代理を認めると
代理人が契約の一方当事者と結託して
他方当事者の利益を害するような
行為をする可能性があるからです。

 

ただし、
・債務の履行(売買契約における
目的物の引渡しや代金の支払いなど)
及び
・本人があらかじめ許諾した行為
であれば、双方代理をすることが
できます。

 

契約の内容がしっかり定まった後の
債務の履行についてだけ双方代理を
認めても
本人の利益が害される心配は
ありませんし、
本人があらかじめ許諾しているので
あれば、問題ないからです。