占有改定とは
代理人が自己の占有物を以後本人のために占有する
意思を表示することによって、本人に占有権を
取得させることです。

 

たとえば
AさんがBさんに自宅を売却したが
売却後も、賃貸人をB、賃借人をAとする
賃貸借契約を締結し居住し続ける場合に
Aさんが
「以後は本人Bのために占有する。」と
意思表示をすればBは代理占有という形で
占有権を取得することになるわけです。

 

 

 

一問一答式過去問で宅建試合格のための基礎学力をアップ!
無料メールマガジン「宅建最短最速合格塾」の登録はこちらから。

(左上部に登録フォームがあります。)