建築の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1 耐震構造は、建物の柱、はり、耐震壁などで剛性を高め、地震に対して十分耐えられる
ようにした構造である。

解答〇本肢のとおり。

2 免震構造は、建物の下部構造と上部構造との間に積層ゴムなどを設置し、揺れを減らす
構造である。

解答〇本肢のとおり。

3 制震構造は、制震ダンパーなどを設置し、揺れを制御する構造である。

解答〇本肢のとおり。

4 既存不適格建築物の耐震補強として、制震構造や免震構造を用いることは適していない。

解答×耐震構造とすることが多いだけであって制震構造や免震構造を用いることもできる。