次の記述のうち、正しいものはどれか。

l 地すべり等防止法によれば、地すべり防止区域内において、地表水を放流し、又は停滞
させる行為をしようとする者は、一定の場合を除き、市町村長の許可を受けなければなら
ない。

解答×都道府県知事の許可を受けなければならない。(地すべり等防止法18条1項)

2 国土利用計画法によれば、甲県が所有する都市計画区域内の7,000㎡の土地を甲県から買
い受けた者は、事後届出を行う必要はない。

解答〇当事者の一方又は双方が国や地方公共団体等である場合、事後届出を行う必要はな
い。(国土利用計画法23条2項3号)

3 土壌汚染対策法によれば、形質変更時要届出区域内において土地の形質の変更をしよう
とする者は、非常災害のために必要な応急措置として行う行為であっても、都道府県知事
に届け出なければならない。

解答×非常災害のために必要な応急措置として行う行為については都道府県知事への届出
は不要となる。(土壌汚染対策法12条1項3号)

4 河川法によれば、河川区域内の土地において工作物を新築し、改築し、又は除却しよう
とする者は、河川管理者と協議をしなければならない。

解答×河川法によれば、河川区域内の土地において工作物を新築し、改築し、又は除却し
ようとする者は、河川管理者の許可を受けなければならない。(河川法55条1項)