宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この間にお
いて「都道府県知事Jとは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び特例市にあってはそ
の長をいうものとする。

1 宅地造成工事規制区域内において宅地造成に関する工事を行う場合、宅地造成に伴う災
害を防止するために行う高さ4mの擁壁の設置に係る工事については、政令で定める資格を
有する者の設計によらなければならない。

解答×宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事は、政令で定める
技術的基準に従い、擁壁等の設置その他宅地造成に伴う災害を防止するため必要な措置が
講ぜられたものでなければならない。
これら措置のうち政令で定めるものの工事、すなわち
一 高さが五メートルを超える擁壁の設置
二 切土又は盛土をする土地の面積が千五百平方メートルを超える土地における排水施
設の設置
は、政令で定める資格を有する者の設計によらなければならない。

2 宅地造成工事規制区域内において行われる切土であって、当該切土をする土地の面積が
600㎡で、かつ、高さ1.5mの崖を生ずることとなるものに関する工事については、都道府
県知事の許可が必要である。

解答〇宅地造成等規制法2条2号及び宅地造成等規制法施行令3条より正しい。
都道府県知事の許可が必要となる宅地造成とは 宅地以外の土地を宅地にするため又は宅
地において行う土地の形質の変更で
一 切土であって、当該切土をした土地の部分に高さが二メートルを超える崖を生ずるこ
ととなるもの
二 盛土であって、当該盛土をした土地の部分に高さが一メートルを超える崖を生ずるこ
ととなるもの
三 切土と盛土とを同時にする場合における盛土であって、当該盛土をした土地の部分に
高さが一メートル以下の崖を生じ、かつ、当該切土及び盛土をした土地の部分に高さが二
メートルを超える崖を生ずることとなるもの
四 前三号のいずれにも該当しない切土又は盛土であって、当該切土又は盛土をする土地
の面積が五百平方メートルを超えるもの
のいずれかに該当するもの(宅地を宅地以外の土地にするために行うものを除く。)をい
う。

3 宅地造成工事規制区域内において行われる盛土であって、当該盛土をする土地の面積が
300㎡で、かつ、高さ1.5mの崖を生ずることとなるものに関する工事については、都道府
県知事の許可が必要である。

解答〇盛土であって、当該盛土をした土地の部分に高さが一メートルを超える崖を生ずる
こととなるものは宅地造成に該当し都道府県知事の許可が必要となる。

4 都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内の宅地について、宅地造成に伴う災害の防止
のため必要があると認める場合においては、その宅地の所有者、管理者、占有者、造成主
又は工事施行者に対し、擁壁の設置等の措置をとることを勧告することができる。

解答〇都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内の宅地について、宅地造成に伴う災害の
防止のため必要があると認める場合においては、その宅地の所有者、管理者、占有者、造
成主又は工事施行者に対し、擁壁等の設置又は改造その他宅地造成に伴う災害の防止のた
め必要な措置をとることを勧告することができる。(宅地造成等規制法16条2項)