物上代位に関する次の記述のうち、民法の規定及び
判例によれば、誤っているものはどれか。
なお、物上代位を行う担保権者は、物上代位の対象
とする目的物について、その払渡し又は
引渡しの前に差し押さえるものとする。

 

 

1 Aの抵当権設定登記があるB所有の建物の
賃料債権について、Bの一般債権者が
差押えをした場合には、Aは当該賃料債権に
物上代位することができない。

 

 

解答×一般債権者の行う差押と抵当権者の行う
物上代位との優劣は、差押命令の送達と
抵当権設定登記の先後によって決する。

 

 

2 Aの抵当権設定登記があるB所有の建物の
賃料債権について、Aが当該建物に抵当権を
実行していても、当該抵当権が消滅するまでは、
Aは当該賃料債権に物上代位することができる。

 

 

解答○抵当権者は抵当権を実行していても、
当該抵当権が消滅するまでは、物上代位する
ことができる。
抵当権が消滅していないということは、
被担保債権の弁済がなされていないということ
であり、物上代位を認める必要性は
変わらないからである。

 

 

3 Aの抵当権設定登記があるB所有の建物が
火災によって焼失してしまった場合、Aは、
当該建物に掛けられた火災保険契約に基づく
損害保険金請求権に物上代位することができる。

 

 

解答○本肢のとおり。

 

 

4 Aの抵当権設定登記があるB所有の建物
について、CがBと賃貸借契約を締結した上で
Dに転貸していた場合、Aは、CのDに対する
転貸賃料債権に当然に物上代位することは
できない。

 

 

解答○判例によると「 抵当権者は、抵当不動産
の賃借人を所有者と同視することを相当とする
場合を除き、賃借人が取得する転貸賃料債権に
ついて物上代位権を行使することができない。」
とされている。